nagoto

カワイイがつまっていないブログです。

聖地巡礼ツアーに参加したら、次元超えられた

f:id:Qris:20180610221957j:plain

2016年の秋アニメとして放送された「ユーリ!!! on ICE」。

放送終了して1年近くたつのに、公式からは新規グッズやコンサートの開催、各地でのイベントなど、さまざまなコンテンツが次々と投入されているアニメの代表格ではないでしょうか。遅れて入門した私としては大変ありがたい供給でございます。

さて、今回はそんな公式から「ユーリ!!! on ICE 聖地巡礼日帰りオフィシャルツアー(ショートプログラム編)」なるイベントが発表されたので、人見知り激しいくせに参加してきました。

ちなみに今回の内容を端的にあらわすと 唐津の聖地巡礼めっちゃ楽しかった~~~!!! と言ってるだけですので、ご了承くださいませ。

私と唐津。いい思い出なんてなかったのに…

さて、「ユーリ!!! on ICE」という罪なアニメがこの世に誕生したからこそ、ツアーを利用して唐津に赴いた私。今回はツアーを利用しましたが、住んでいる福岡からさほど遠くなく、行こうと思えば電車を利用し日帰りで行くことだってできる距離なんです。

でも唐津には、堅苦しいお方々に囲まれて連行された社員旅行や、なぜ呼ばれたか今でも理解できないほぼ軟禁状態の前職の経営会議など、あまりいい思い出がなく…。唐津に行けば否が応でもその時の記憶が掘り起こされるので行きたくなかったんです。知ったこっちゃねえよって話ですけど。

純粋に観光が楽しめないから無形文化遺産に登録された「唐津くんち」もあるのに、積極的に行こうとならなかったんです。 そこに突如あらわれた新星「ユーリ!!! on ICE」。唐津に何かと縁のある家族が「唐津、ユーリと癒着してんよ」と言うくらい、街にユーリの世界が溢れてると聞いていたこともあって、いい機会だと行くことに決めました。

とはいえ、普段一人旅に慣れている私。ツアーというスタイルでの旅行はだいぶお久しぶりなので、正直ドキドキ。しかも、沼にハマったとはいえほのかに香る程度のオタクなので、もっと深く沼に浸かっている猛者に目をつけられたらどうしようとか考えてたんです。ちなみに前日と当日のツイートがこちら。

怯えすぎ。 とまあ、今となってはネタにできるくらい、楽しみました。では前置きが長くなりましたがここからは唐津の風景とともに、ツアーの様子をご覧ください。

ユーリで見たあの景色が現実に~~~!!!

まずは、ツアーバスに乗り込み、微ヲタも発狂のシーンがこちら。 ユーリ バス 可愛えぇぇぇ…♡ちなみにバス車内には名シーンの数々がラッピングされており、ご一緒した皆さん、絶対何回も観てるはずなのに撮影する手が抑えられない様子でした。もちろん私も。

マッカチンの救世主 さくらい動物病院

さくらい動物病院 唐津に向かう途中、ヴィクトルの愛犬マッカチンがまんじゅうを誤飲して緊急搬送された動物病院のモデルである「さくらい動物病院」で一時停車。勇利がロシア大会から福岡空港に戻ってきた時、元気なマッカチンの姿にホッとしたなあ…なんて思いを馳せます。

ユーリキャラがお出迎え!唐津駅(長谷津駅)

yoi_1

唐津駅につきました。改札を出たところに、早速彼らのお出迎えが。テンション上がる~~~!!! えきマチ1丁目 勇利が長谷津に帰省した際、ミナコ先生の熱烈な歓迎を受けたシーンの背景モデルであるえきマチ1丁目。普段だったらなんてことない駅コンコースなのに、アニメの1シーンとして切り取られるだけで特別な景色に変わるんですね。 マッカチン マッカチンのお出迎えもありました。兜がよくお似合いです。

という具合に駅構内だけでもたっぷりユーリを楽しめます、唐津。 唐津駅ようやく駅構内は出ますが、まだ唐津駅から動いていません。それもこれも唐津駅に聖地がありすぎるせい。こちらは、勇利がミナコ先生に手を引かれ歩いていた唐津駅のロータリー。再現率の高さよ。 撮影ポイント 唐津駅には、こんな聖地も。

こちらは、ロシアの次世代スケーターユーリ・プリセツキー通称ユリオがヴィクトルを求め降り立った長谷津で、「ドンッ」と踏みつけた撮影ポイントの陶板。アニメでは唐津が長谷津になっていましたが、それ以外はそのまんま。再現ポイントが細かいよ~!!!最高~!!! 唐津駅オブジェ

う~わっ、キモっ! 第2滑走 ユーリ・プリセツキーセリフ

長谷津に降り立ったユリオにこう言い放たせた曳山像(アニメではイカ)もありました。確かに禍々しさはあるかも。

ロシアンヤンキーもお買い物 京町商店街(久町商店街)

京町商店街 やっと唐津駅を離れ、先へ進みます。ユリオがヴィクトルを探して歩いたであろう、京町(久町)商店街には… 虎トレーナー あった~~~~~~~!!!

クソやばい…。超オシャレじゃ~ん
第2滑走 ユーリ・プリセツキーセリフ

ロシアンヤンキーことユリオが、超オシャレと認定した「虎トレーナー」。アニメでは、メッチャ安い!1300円の着る者を選ぶファッションアイテムにもテンションが上がります。 ヒョウ柄 店頭には、大阪のおばちゃんの定番アイテムとしてのイメージが強いヒョウ柄アウターも並んでいました。これを着こなせるロシアンヤンキー、見れば見るほどファッションセンスが凄すぎ。圧巻。 スナックつぼみ 商店街から少し足を伸ばすと、ヴィクトルが勇利を探しに訪れたミナコ先生のお店「スナック花中」のモデルとなった「スナックつぼみ」も。お金と強い肝臓をもっていつの日かお店にもお邪魔したいところです。

叫びたくなる 舞鶴橋

ユリオ 舞鶴橋 駅チカエリアを離れ、まだまだ聖地をまわっていきます。ユリオがヴィクトルを探してしびれをきらし「ヴィクトール!!!」と叫んだであろう舞鶴橋にも。それにしても、ユリオベースの聖地巡礼多いな! 舞鶴橋2 私もユリオの真似して「ヴィクトール!!!」あと、乗り出す時に足がプルプルしました。ロシアンヤンキーの脚の長さに嫉妬。 舞鶴橋3 舞鶴橋4 勇利たちが走っていた舞鶴橋からは、唐津城(長谷津城)が見えます。アニメでは城の麓にスケートリンク「アイスキャッスルはせつ」があります。

今回のツアーでは行きませんでしたが、アイスキャッスルはせつは福岡の飯塚にある「飯塚アイスパレス」です。いつか滑りに行きたいとは思うのですが、なんせ私、スケート滑るどころか歩くこともままならず、こけすぎてパンツまでびっしょりになるのでどうしたものでしょうか。知らんがな。

ニンジャヤシキ? 唐津城(長谷津城)

石段聖地巡礼としてはもちろん、観光スポットとしても外せない唐津城。勇利がトレーニングで使用していた城へのぼる石段も、アニメのシーンがそのまま!といいたくなる風景です。 唐津城 で、こちらが「インサイド イズ ニンジャヤシキ」のハセツキャッスルのモデルとなった唐津城。やばい。目の前に勇利とヴィクトルの幻影が見える…。 パネル 普段の運動不足が祟り、天守閣までの階段をゼエゼエいいながらも登ります。途中、彼らの応援を受けながら上へ、上へ。 天守閣 なんとか、天守閣に。割と足ガクガク。とはいいつつも、唐津の景色を見たり、サーガ on ICEのキービジュアルごっこをしたりして穏やかな時間を楽しみました。 紅葉 唐津を巡った11月中旬は紅葉が深まる時期だったということもあり、アニメの季節とは異なりましたが、日本の四季も満喫できました。

爽やかな師弟愛を想像する 浜崎海岸のシャワー(エンディング映像)

浜崎海岸 海水浴場によくある簡易のシャワー…ですが、これもユーリファンからしたら、れっきとした聖地です。勇利とヴィクトルが「爽やかな色気」を放ちまくっていたエンディングで描かれていたのがこのシャワー。仲の良い(いちゃつく)二人を想像して、脳が溶けそうになってました。

アガペー誕生の地 見帰りの滝(ユリオと勇利が滝行した場所)

f:id:Qris:20171216171555j:plain 日本の滝100選に入っている佐賀の名滝「見帰りの滝」。こちらは、第3滑走でスケートの方向性に迷っていたユリオがヴィクトルの命により訪れたであろう滝行の場所です。車がないと行けない離れた場所にありますが、「ここでユリオのアガペーが目覚めた」とイメージが膨らむ場所なので、ツアーで行けてよかったです。

このように、唐津の観光名所はもちろん、アニメならではの聖地に足を運んではキャッキャしてきました。行くまではあんなに不安を抱いていたくせに、蓋を開けてみたらこれです。でもそれくらいアニメの景色がそこらじゅうにあるので、ワクワクが止まらなくなる場所でした。

フクースナー!!なカツ丼も体験

鏡山温泉 あと今回のツアーで楽しみにしていたのが、鏡山温泉で食べるカツ丼。主人公・勝生勇利の実家である「ゆ~とぴあかつき」のモデルとなった場所で、勇利の大好物「カツ丼」を食べるという絶好の機会!!!勇利を育んだ味とは?ヴィクトルとユリオもハマった味とは? カツ丼 ということでいただきます。なんでも、大勢用にまとめて作るのではなく、一つ一つ小鍋で作ってくれるこだわりがあるのだとか。とろっと半熟の玉子に包まれたボリューム満点のカツ。ご飯と一緒にガツガツいけます。 ヴィクトル ヴィクトルが「フクースナー!!」と目を輝かせるのも、ユリオがスプーンでかきこむのも分かる!!!美味いもん。 味噌汁 また、カツ丼はもちろんなんですが、魚介の旨みがたっぷり染み出たお味噌汁もとても美味。海の幸がたくさんとれる唐津だからこそ味わえる、じんわり染みる味噌汁でした。

ちなみに、「ユーリ!!! on ICE」を観てから、鏡山温泉でたべるという目標を達成するため、カツ丼断ちをしてたんですよ。勇利もヴィクトルから体脂肪落とすまでカツ丼断ちを命じられていたから、久しぶりに食べた時はきっと美味しかっただろうなあ…。断たれたカツ丼の魔力、凄い。

ユーリ!!! on ICEの感動を分かち合える幸せ

さて、今回このようにツアーを利用して、「ユーリ!!! on ICE」の世界に浸ってきたわけですけれども、私は最初にも申し上げたとおり、ほのかに香る程度のオタク。だから、深い話はできません。まだまだファンの風上にも置けない存在です。年齢も相まってなのか、大事なシーン忘れてるなんてこともありましたし。

でも、間違いなくハマったという事実はあって。だから今回公式のツアーを利用して、自分のお気に入りのシーンとか、何故ハマったかとかを話せる、分かってくれる人がいることの幸せを噛み締めていました。感動を分かちあえるって素晴らしいことですね!

次の唐津は桜の季節?それとも藤?

ユーリ!!! on ICE聖地巡礼オフィシャルツアー。行く前は不安もあったり、なかなかお粗末な評判もあったりで心配していたのですが、終わってみればめっちゃくちゃ楽しんでいる自分がいました。またアニメで、いかに唐津の景色が丁寧に切り取られていたのかに気付かされました。だから唐津が、アニメに携わった人の心意気のようなものをビッシビシ感じる場所にもなりました。

今回は11月という寒さが深まってくる時期に行きましたが、アニメでは春の唐津が描かれていたので、次は春に行こうかなと。アニメの桜の時期はもちろん、きっと唐津城の藤棚もきれいだから藤の時期もいいなあ…。レンタカーを借りて、春の唐津を堪能する事を想像したら、早く来年にならないかなと思います。

ただ、今回ツアーの開催発表がギリギリだったので、お世辞にも参加者は多いとはいえませんでした。(勝生勇利誕生日のツアーは多かったみたいだけど)

せっかくいい企画なんだし、もっと早めに催行発表したらきっと、もっと大勢のファンが唐津のファンにもなったんじゃないかなあと。だからもしまた何か企画があるなら早めに公式からの発表を期待したいです! とにもかくにも、唐津がまた行きたいと思える場所になりました。来年は唐津くんちにも行ってみようと思います。あと運転するから、誰か唐津巡りしよ。

後日談

妹と一緒に(頼み込んで)春の唐津巡りをしました。

 

qris.hatenablog.com