nagoto

カワイイがつまっていないブログです。

猫と婚期

f:id:Qris:20160622162421p:plain

突然のモフモフテロ、失礼します。こちらカワイイお背中と触りたくなる後頭部を惜しげもなく披露してくれているのは、うちのカワイイお姫様「雛」でございます。

バレンタインデーの夜中に、オートロックのマンションの部屋の前で鳴いていた娘っこです。 

 f:id:Qris:20160622155947p:plain

本当は飼い主を探す予定でしたが、もう3日後くらいには名前が確定し、お似合いのピンクの首輪をつけて、完全にウチの子になった、とびきりキュートなおんにゃのこです。 

f:id:Qris:20160622162510p:plain

何このカワイさ。

この見た目に反して、噛み癖ひどいし、家の破壊屋である彼女。1回着替え途中に乳首噛まれそうになった時は、本気でひやっとしました。 

とまあ、こうはいいつつも私は、愛猫雛ちゃんとの生活をとても大事にしています。 

 

さて、猫と暮らし始めた私。

「婚期逃したね」
「婚期延びたね」

とよく言われます。 

勝手に逃すな!延長さすな!

と本気で思っていますが、逃しているかどうかは別として、確実に昔思い描いていた結婚時期からははるかに延長している現実が目の前にあります。

そこで今回は、

 『猫を大事にする奴、結婚出来ない説』

について、私の実体験をもとに考察していきたいと思います。

生活の中心で猫を愛す

f:id:Qris:20180623010121j:plain

猫と暮らすとは、生活が猫中心になるということ。つまり、何をするにも猫を優先しがちになります。 

何をしててもにゃあと言われれば声をかけますし、 何をしててもドカーンと変な音がしたら駆けつけます。 

というように、自分のことよりも猫を優先するシーンが度々でてくるのです。たぶん猫好きの人にとっては常識ではないかと。

ちなみに、泊りの旅行に行くこともありますが、その時は実家の両親に家に来てもらいます。だってさみしがるもん。

平日遊べない分週末一緒に過ごしたがる

これも猫クラスタにとってはもはや常識でしょう。

平日はドタバタと帰宅し、ドタバタと家事をこなし、とりあえず寝る!みたいな生活リズムなので、どうしても遊ぶ時間が取れてもちょこっとになってしまうんですよね。 となると休日しかじっくりあそべないじゃないですか?両手におもちゃの休日が爆誕します。

f:id:Qris:20160622163303p:plain

最終兵器電動おもちゃ!狂ったように遊ぶ姿、くぁーわーうぃーうぃー♡ 

でもこのお嬢さん、本当に遊び方が暴力的で、一緒に遊ぶと手と腕に切り傷、時にはえぐられたような深い傷ができるので、それは何とかしてほしい。でもカワイイ。

毛とかどうでもよくなる

f:id:Qris:20180623010520j:plain

一応、コロコロはあるんですが、座れば毛!歩けば毛!寝てても毛!なので、雛毛から逃げ出すことは不可能。 

だから大抵、愛猫の毛をつけたまま出勤もするし、お出かけもします。 で、なにか飼ってます?って聞かれて写真見せまくって若干引かれるのがオチ。 

家から出なくなる

f:id:Qris:20180623010653j:plain

休日、予定を立ててようが、猫が膝の上に乗ってきたり、昼寝の添い寝してきたら、有無を言わさず外に出るのをやめます。 

こないだはマッサージの予約してたのに、「急用がはいったので!」と電話をしキャンセルしました。 おかげさまで、ゆっくりと猫と昼寝するという急用に対応できました。 ごめんなさい。もう、こんな理由でキャンセルしません。 

猫好きでないと若干受け入れられない

f:id:Qris:20160622164123p:plain

猫の魅力を語り合える人、それすなわちいい人という方程式がこの世の中にはあります。少なからず私の中には。 

「えー…猫ぉ?爪でひっかかれたら痛いし、気まぐれで、全然いうこと聞かないじゃん?」とかいう人とは、何となく距離を置きたくなります。 爪でひっかくのは猫だけじゃないし!気まぐれで言うこと聞かんとこが魅力やし!もうあんたのこと嫌い! 

f:id:Qris:20180623011041j:plain

 と、このように、完全に猫とのコミュニケーションに満足してしまっていることが、「猫を大事にする奴、結婚出来ない説」を濃厚にしているのではないかと思っています。

またなにより、結婚すれば、ゼッタイこの子もセットなわけです。猫嫌いはもってのほか。「爪が」「毛が」「部屋が傷だらけに」とかいう人もダメ。なんなら、私のことはないがしろにしていいから、雛ちゃん、溺愛しすぎて若干引くくらいの人じゃないとダメです。 なので、

  • たまには私のこともかまってよ、って声をかけたくなるほどかっこいい加瀬亮
  • 私の誕生日なんて忘れてるのに、この子の誕生日にはかならずおもちゃを買ってきちゃうカワイイ綾野剛
  • 週末はおうちでまったり猫と過ごすことが唯一の癒しというあなたが最高の癒し山内総一郎

プロポーズお待ちしております。

 

猫になりたい

猫になりたい

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes