nagoto

カワイイがつまっていないブログです。

隠していた痛みは、一歩踏み出すきっかけになる

f:id:Qris:20170522131054j:image

皆さんは、人間関係において「あー…やってしまったなあ」という、罪悪感や心の痛みを感じたことはありませんか?人間誰しも、人と人とのつながりにおいて成功ばかりではないと思います。むしろ失敗の方が多いくらいではないでしょうか?

そんな人間関係における失敗は、振り返ると自分をも傷つけてしまうものです。あなたも、無意識のうちに心の奥底にしまいこんでしまっていませんか?これをグリグリこじ開ける存在が出てきたら抵抗したくなると思うのですが、そうならない不思議な作品が今回ご紹介する『聲の形』です。

簡単なあらすじ

始まりは、主人公の小学生時代。主人公の石田将也はやんちゃで好奇心の塊のような小学生でした。そんな彼のいる学校に、先天性の聴覚障害をもった西宮硝子が転校してきます。

好奇心を満たす絶好の機会と言わんばかりに、将也は硝子をいじめるように。でも、彼の行き過ぎた行動にクラスメイトは引いてしまい、非難され、いじめの標的とされてしまうのです。

そして5年の時が過ぎ高校生になった将也は、周囲との交流を拒み、自己嫌悪の塊となっていました。自分は許されないことをした人間だと、自殺を試みるまでに。

ですが、ずっと心につかえていた硝子へ伝えたい想いを胸に、彼女に会いにいったことで、少しずつ見える世界が変わっていく、いや変えていくという物語です。

誰にでもある痛みを『聲の形』はこじ開ける

将也のしたいじめは決して許されていいものではありませんし、彼のしたことを肯定するつもりもありません。しかし、人間関係取り返しのつかなくなったことの中には、こういった相手に対する好奇心からおこる過剰な行動も含まれていると、私は思っています。そしてこのような行動は、誰にでも少なからず経験があるのではないかとも。

『聲の形』はそんな、誰もが多かれ少なかれ経験し、そっとしまってきた罪悪感や心の痛みの引き出しをグイグイ開けてきます。

『聲の形』が私たちに投げかける問い

ここまでの内容を踏まえると、『聲の形』を「観る人の心を苦しめる作品」のように感じられた方もいると思います。

でも、そんなことはありません。なぜなら『聲の形』は、「伝える」ことが生み出す「つながり」をテーマとして大切にしている作品だと思うからです。

「あなたにも思い当たる節があるのでは?」

『聲の形』は聴覚障害を題材にしたため、物議を醸した作品でもあります。でも私は、そこにばかり注目していると、物語が本当に私たちに伝えたかったことが伝わってこないのではないかと思うのです。

硝子が聴覚障害で「伝える」ことに難しさを感じていた。
将也や他の友人達が「伝わらない」もどかしさを感じていた。

「伝え」、「つながる」ことの難しさと尊さを訴えかけるには、聴覚障害を題材にする以外の方法もあるとは思います。しかし「聞こえない」という前提があることは、「伝える」ことの難しさを、わかりやすくしてくれていたとも思うのです。

物語が伝えたいことをわかりやすく表現する。そこには厳しい声もあるかもしれません。でもそこから何かをくみ取ってほしいと願った時には、目に見える形でわかりやすく表現することも必要ではないでしょうか。

誰だって思うように気持ちが伝えられないことはあるはずです。『聲の形』は、あくまでそんな私たちの「誰にでもある人間関係」をリアルに描き、問いを投げかけている作品だと私は思っています。

「あなたはどうしたい?」

f:id:Qris:20180723225555j:plain

「君に生きるのを手伝ってほしい」

これは、物語の終盤に出てくる、将也が硝子に向けて伝えた言葉です。

自分が引き起こした事態とはいえ、一度は折れかけた将也。でもずっと心に残っていた硝子への想いが、彼に手話を覚えるという行動を起こさせます。伝えたいという想いが人を動かし、人とつながるきっかけになることを、彼自身が身をもって学ぶのです。

また、どんな失敗も全部自分が悪いんだと思えば楽なこともあると思います。でも彼は、「弱くてダメな部分も自分なんだ」と受け止めるのです。だから、彼から見える世界にも変化が訪れます。

だから私は、このセリフに将也と周りの人の「これまでとこれから」がすべてが集約されているように感じたのです。

またこのセリフを言うだけの勇気を踏み出した将也と、このセリフをスッと受け入れた硝子が、ただただ人として尊敬できるのです。決別していてもおかしくない彼と彼女の関係だからこそ、このふたりの「つながり」をより一層強く感じました。

なにより、この言葉で自分まで救われたような気持ちになったんです。

許されてはダメな失敗だらけの、私の人間関係。修復が許されるのなら何をすればいいのか、そのヒントを得られたような感覚になったのです。

 

クリエイターの細やかさが凄い

『聲の形』は、ストーリーもさることながら、クリエイターの非常に細やかなこだわりが随所にちりばめられている作品です。

ファンタジーではなく、現実を帯びた淡い世界

おそらく映像を見た瞬間、柔らかだけれども現実味を帯びた美しい世界に、目も心も引き込まれてしまうと思います。山田尚子監督は「ファンタジーではないけれども、淡い色」と、背景担当の方に指示を出されていたのですが、「確かに」と頷いてしまう美しい世界が画面いっぱいに広がります。

ノイズをのせる繊細さ

『聲の形』では、「聲」という一方向だけでは捉えられない、ちょっとした音も「伝える」手段として非常に大事にされていたそうです。

劇音楽を担当された牛尾憲輔さんは、ピアノの音を鳴らすあらゆる要素である、ペダルの軋む音や、鍵盤に当たる爪の音、内側でハンマーがなる音などの、普通はノイズとして見られる音にも注目し楽曲づくりに活かしたと、インタビューで語られていました。

ぜひご覧になるときは、音作りへのこだわりにもご注目を。

アニメの域を超えてる表情の豊かさ

登場人物の表情の豊かさにも驚かされます。ちょっとした心の揺れに対して、表情の変化の多いこと!目の前で会話をしているんじゃないかと思うほどに、登場人物たちの心の揺れ動きが、表情と見事にリンクし、リアルに表現されていました。

役と向き合った時間を想像してしまうキャスト

硝子を演じるのは、人気声優の早見沙織さんです。耳が聴こえない、発声がうまくできないという難しい役どころを、どれくらいの時間を硝子と向き合ったんだろうと想像してしまうほど、完璧に演じきっています。

伝えることの難しさも尊さも教えてくれる『聲の形』

f:id:Qris:20180724000635j:plain

「伝える」とは、人間関係を築いていくために必要不可欠なことです。でも、うまくいかないことも多いもの。だからこそ、相手と真摯に向き合って気持ちを伝えることは尊いのだと、『聲の形』は訴えかけてくるのです。

さらにこの作品は、きっと多くの人があらゆるメッセージの受けとり方をして完成するのではないかなと思っています。ちなみに私は、「傷つけてしまったな」「あの時こうしていればよかったのかな」と思いあたる人はもちろん、自分にとって今大事な人になんだか会って気持ちを伝えたくなる、そんな映画だと感じました。

心に隠していた痛みは、自分を奮い立たせてくれるきっかけになかもしれないー。

そう考えさせてくれるのが『聲の形』だと思うんです。

観ていると、痛いところをグリグリえぐられて、気づいたら涙と鼻水でグズグズになって、意外と体力を消耗するタイプの映画なので、じっくり時間の取れる日に、ぜひご覧ください。