なごと

カワイイがつまったサイトです。ウソです。

ソラニンはマジで危ない

ジャガイモのそれではなく、

ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)

マンガ『ソラニン』の話だ。

 

この限りなく不透明なイマを生きる、僕らの青春狂想曲———

 

社会人2年目、種田と芽衣子の

楽しくも切ない、小さな恋の物語———

 

性別・世代を越えて確かな共感と感動を呼ぶ、超話題作!!

浅野いにおソラニン』裏表紙あらすじより

なぜ、この「小さな恋の物語」が危ないのか。今日はこの不可解な謎に迫っていきましょう。

 

出会いと別れ、そしてソラニンの春

出会いと別れの季節とかいわれる春。私なら全部ひっくるめて「不安でいっぱいの季節」という言葉が一番しっくりくるような気がしています。

 

ソラニン』のヒロインである、芽衣子。彼女は二流だけど、地味さでは超一流のOA機器メーカーで社員をしているとは言いつつも、ちゃっかり貯金もできちゃうような優良企業にお勤め2年目の会社員です。 そんな彼女は大人たちの「まあ、いいや。」だらけの世界に違和感をもちつつも、つつましく生きることを選んできました。

東京には魔物が潜んでおります。

自分にはもっと違う道があるんじゃないか、

もっといろんなチャンスがこの街のどこかに眠ってるんじゃないか、

「人生のレールなんて外れちゃって自由になっちゃえばいいじゃん」という、

黒い囁きがどこからか聞こえてくるんだ

 浅野いにおソラニン』1巻より

と感じながらも。

 

もう私は社会人2年目なんて、とうの昔に通り越してるんですが、いまだに心持ちは芽衣子のそれと同じなんです。

「このままでいいのかな」

という、言いようもない焦りが毎年のように襲いかかってくるのです。成長なんてこれっぽっちもしてません。不安で、仕方なくて、出会いと別れの余韻に浸る余裕もなく。

 

そんな私がこの時期に

部長。超気分が悪いんで早退します。

 浅野いにおソラニン』1巻より

と言い放ち、会社をきっぱりやめた芽衣子の物語をみて、心が動かないわけがないんです。転職と共にソラニンありです。 

なので、ソラニンは危ないです。

 

メガネと原チャとムスタングが似合うちょっと心配な彼氏を探し始める

芽衣子には大学生のころからお付き合いをしている、種田という彼がいます。デザイン事務所の安月給バイトなので、一人でお部屋を借りることもできない彼は、ありがたい芽衣子さんのお声かけがあり、同棲を始めます。

とにかく彼は音楽で喰っていくことも、音楽をやめることもできず、月2回のバンド練習という落としどころでなんとなくやり過ごしてる感があるので、普通だったら、なんとなーく全部中途半端で、心配だなあ…って思っちゃうところなんです。でも、そう思わせても、なんかいいやって思わせる種田。お前はズルい。好きだ。

ちょっと重めの太ブチメガネも、かったるそうに原チャにのってる姿も、扱いにくいムスタングを愛機にしてるとこも、ふとした時にさりげなーく包み込んでくれるような言葉をかけてくれるところも、全部好きだ。

 

私も仕事をスパーンと辞めるときの決定打が

俺がどーにかする

浅野いにおソラニン』1巻より

だったら、超心強いじゃん!とか思ってしまいます。

となると、どっかに種田落ちてないかな~…と思い始めるんですよね。いや、割とその辺にいそうな感じなので。

 

という思考に陥るので、ソラニンは危ないです。

 

ただひたすらに切ない気持ちになる

あらすじにもあるように、『ソラニン』は「小さな恋の物語」でもあり「青春狂想曲」でもあります。種田が亡くなって、芽衣子は彼のムスタングをもって、彼の作った『ソラニン』をバンドで演奏したいと、メンバーのビリーと加藤にかけあいます。大学の軽音サークルを早々に辞め、ギターが弾けるわけでもない芽衣子が、種田が残したものを形にしようと、仲間と一緒に作り上げていくというのが後半の主なストーリー。

 

何この胸に込み上げてくる熱い気持ちと、それに反比例するおセンチな気持ち。

 

私もこんな風に1つのことに熱中してみたい。けど、そんなことする勇気もないし、何より一緒にできる人がいない。

 

ひとりセンチメンタルジャーニーをはじめざるを得ないので、ソラニンは危ないです。

 

勝手にいってろ

はい、おっしゃる通りです。

何はともあれ、ソラニンは名作なので、ソラニンは最高です。

 

ソラニン サウンドトラック feat.ent

ソラニン サウンドトラック feat.ent

 

読むときのBGMはent一択だからな!

お姉さんとの約束だぞ。