読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

緻密じゃない緻密さが詰まった『ACCA13区監察課』

もうあと1日で3月も終わります。つまり、今期のアニメが終わりを迎える寂しい時期ということです。

とにかく、今期も充実のラインナップだったので、ハードディスクがパンパンです。

 

今期のアニメを少しずつ振り返ろうかと思ったのですが、たぶん、4月からは4月からで新しく始まるものに目移りするので、今日はとにかくお気に入りの1作品を。ちょうど終わりを迎えた今日というタイミングでご紹介させてください。

 


TVアニメ『ACCA13区監察課』番宣CM15秒


 

昨年の予告時点で気になりすぎてた『ACCA13区監察課』

まず、絵のタッチがどストライク。しかも色づかいも好きで、ストーリーとか抜きに「絶対観るアニメ」に入れました。

 

そして、私の中で満を持して始まったACCAですが、「難しい!」が率直な感想でした。原作もWEBサイトも見ずに入門したので、初期設定の把握もできていない状態で見るACCAは視聴者を置きざりに、大きな盛り上がりもなく淡々と進むアニメのように見えました。酷い言いよう…。

 

そこから、ACCAの猛勉強を始め、アニメの設定を「そういうことね」のラインまで理解を深めていきました。もう1話1話何回ずつ観たか分からないくらいリピート再生しました。

 

決して大きな盛り上がりはないアニメです。ただ最終回に向けての周到な準備が1話1話に秘められていて、少しずつパズルのピースをあてはめていくような楽しさのある作品でした。

 

なにより、登場人物一人ひとりの個性がいい。けだるさとやさしさのギャップが溢れる主人公のジーン。あと私服が首元ゆるいの素敵でした。色気スゴイ。ジーンの悪友ニーノも、スタイリッシュの権化かよって言いたくなるくらいかっこよくて、あんな人現実にいたら惚れると思いました。

 

それから、お菓子テロが凄かった。ACCAのあるドーワー王国の住民は甘いものが大好き!という設定があり、とにかく毎回おいしそうなお菓子がたくさん出てくるんです。ハチクマのロールケーキにムギマキのいろんな味の食パン。もう、食べたくて食べたくて、こちらの世界で出店しないかなと願っています。

 

そして、このアニメを観るきっかけとなった絵のタッチと色づかい。作品中、主人公のジーンはドーワーの各区に出張で出向くのですが、各区の特徴を背景が象徴しているように感じました。また、あえてそれを意図して作り込んでいると思わざるをえない水彩画のような柔らかさを感じる背景には、アニメーターさんの粋様をヒシヒシと感じました。緻密じゃないように見せかけて、緻密さが詰まりすぎてる。

 

studio-pablo.com

この背景は手元に残しておきたい…という仲間が大勢いたのでしょうか。うれしいことに背景美術画集の発売も決まったようです。買う。

 

決して、分かりやすいストーリーではないと思います。ありとあらゆる人や場所、感情が絡み合っているので。パズルをあてはめるといいましたが、どちらかと言えば、絡まった糸をゆっくりほどいていくような作品かもしれません。

 

最後に、原作もとても良いです。

ACCA13区監察課 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER)

ACCA13区監察課 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER)

アニメではおそらく入れたくても入れられなかったような細かい設定まで描かれていて、アニメと往復しながら見ると、「なるほどね~」が増えてより一層楽しめると思います。

 

かっこよさに痺れまくった3ヵ月でした。『ACCA13区監察課』ありがとう。寂しいです。