読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

眠気吹っ飛ぶ!明け方のミラクルなライブがここに繋がる『Thousand Miracles』

 

 

あの、とりあえず、年明けた後すぐの話に戻ることをお許しください。

 

私、クリス。割と長年dustboxというバンドが好きでして。とことんメロディック、メロディアスでありながら、恐ろしく激しい音の波に何度も何度も心を打ち抜かれて今に至ります。

 

昨年から今年にかけてのCOUNTDOWN JAPANの最後はdustboxで締めました。友人が言ってたんですが、珍しいアンコールなんかもあって、それはもう最高!ミラクル!焼きそば!新年早々いい気分だったわけです。最高に楽しくて、ダスト好きすぎて泣いて、隣で見てた友人に引かれました。

(でもさすがにオールナイトのトドメにdustboxはきつい。体力的に。運営鬼畜)

 

そんな彼らが久しぶりにフルアルバムを出すっていうから買わないわけにはいかないんですよ。

 

 

 

 

Thousand Miracles

 

Thousand Miracles

結論、また最高な作品を生み出してくれてサンキュー。

 

軽やかと見せかけて重みのあるメロディックな音が、休む間もなくたたみかけてくる~!!これを快感と言わずなんという。

おや?なんだかSo!Cute!な新感覚もあるぞ!

ライブでは噛みまくるSUGAの高音ボイスもまた、心地よい。デブでも駆け出したくなる疾走感。

どこまでいってもライブ感満載で、ライブハウス全体が汗まみれで臭くなってる光景が思い浮かぶアルバムでした。

 

 

私はライブが好きで、昔からちょこちょこ足を運んでいますが、ライブハウスとにかく楽しいぞ!っていうのを教えてくれたのがdustboxでした。

卒論のゼミ内発表日がダストのライブと被ってて、絶対開場にも遅れたくなかったので、日程をずらしてもらったこともあります。学業よりライブ。

 

今回もツアーで全国津々浦々回るそうで、私のように学業よりライブを優先してしまうような学生が出ないか心配ですが、そうなっても仕方ないなと思ってしまうのもdustboxなんですよね。ライブハウスがあんなに汗まみれで臭くなるのにアーティストもファンもめっちゃ楽しそうなんやもん。そりゃハマってもしゃあない。

 

ドラムのYU-KIさんが加入して初めてのフルアルバムを引っ提げたツアー。どんなライブを各地でかましてくれるのか、期待せずにはいられない『Thousand Miracles』

 

1000ミラクルどころじゃない奇跡がそこかしこで起こるんだろうな、そして絶対「やめすJ」って言葉が飛び交うんだろうなと、楽しみで仕方がないのです。

 

 

 

まったくもう、どこまでも高まらせてくれますね。