なごと

カワイイがつまったサイトです。ウソです。

人嫌いの青年と世話焼き猫の日々に「家族」を教わる 『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

気温が上がったかと思えば、下がって雪が積もったりと、2月は忙しいですね。

(きっとストロボ・エッジの世界だとそろそろ「春の匂いがする…」と仁菜子ちゃんがふと呟いて、それを蓮くんが優しい笑顔で見守り始める季節になるんでしょうね)

 

寒くて仕方ない、仕事に行くのもつらい。そんなあなたは、さあ!今朝のうちの可愛い雛ちゃんをご覧ください。

f:id:Qris:20170213222022j:image

フィルター清掃赤ランプ表示には目を向けないでください。

エアコン直乗り。

めっきり寒くなってからというもの、暖房の風を浴びるじゃ事足りず、直に暖を取るという荒業に出ています。そこそこ体重あるので、ギシギシいうから怖いけど、上からなんか話しかけてくるのくっそ可愛い。

 

私も明日でこの子を家族に迎え入れて早1年になります。彼氏との記念日は忘れるのに、猫記念日は覚えてるんですよね。だから愛想つかされる。

本当に顔に似合わず凶暴で、誰に似たのか気も強く、今まで迎え入れたどの子よりも手がかかるのは間違いないのですが、カワイイ妹のような存在です。母は孫と言ってます。そろそろ人間の孫は諦めてるのかもしれない。

 

さて、今日はこんな猫を家族に迎え入れたとあるおうちの作品をご紹介します。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)

『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

 

とにかく、猫好き必読ってくらい、おススメの漫画です。

偏屈で人嫌いなミステリー作家の”朏素晴(みかづきすばる)”とひょんなことから拾われ同居人となった猫”陽(ハル)”が織りなす、ほっこり日常系ストーリーです。人と猫、それぞれの視点から描かれる物語に、ワクワクほこほこすること間違いなしです。

 

最初は、小説のネタ・観察対象としてしか猫を見ていなかった素晴。想像の世界に想いを馳せてばかりだった彼が、ハルと過ごす現実を通して、少しずつハルや身近な世界に心を開いていくようになります。

一方、ハル編では、猫から見える素晴や世界を読むことができます。素晴と出会うまえのハルは、死と隣合わせのような生活の中で、兄弟猫と必死に生きてきました。ご飯を食べるのもままならず、その日暮らし。だからこそ、ご飯が当たり前のように出てくる素晴との生活に少しずつ安心を覚えていきます。そんな中で、元々、心配性のハルの性格が、素晴の不器用さを支えるようになり、信頼関係を結んでいくんです。

 

この作品を読んでいて、真っ先に思い出したのが去年のバレンタイン。雛ちゃんを拾った日の事です。次の日が仕事にもかかわらず、とにかく何かあげなくちゃとコンビニまで猫ご飯を買いに走ったのを思い出しました。

拾ったばかりのころのこの子は、とにかく目の前に出てきたご飯をぺろりと平らげ、アンコール。人のごはんにも平気で口をつけ、どんなに怒られても諦めない不屈の精神を持っていました。野良猫だった生活がきっと過酷だったのだと思います。ご飯もろくに食べられず、小さい子猫が大きな猫に勝てるわけもなく、お腹を空かせてうろつく姿を想像すると、なかなかに辛いものがありました。

今となってはドライフードはとりあえず残して、美味しいウェットフードをまずしっかり平らげる、舌が肥えた家猫さんになってしまいました。でも、それだけ「ここにいれば私は安心してごはんが食べられる」と感じてくれてるのかなと思うと嬉しくもあり。

なにより、私が年に数回実家にこの子を預けて遊びに出かけるのですが、この前の年末年始のこと。実家にお泊り保育をした雛ちゃんは、敵意剥き出しで私以外の家族が扱いに困るほどだったのに、私が迎えに行くとほんの少し優しく触れ合えるようになったという事実が、なんとも嬉しくて。それだけ信頼されてるのかなあ…って。

 

この子との日々はあまりに当たり前になりすぎて、なかなか気づくきっかけもありませんが、この『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』を読み進める中で、「家族」ってこういう小さな出来事の積み重ねで作り上げられるんだなあとしみじみ、感じました。もちろん人と猫という関係だけではなくですよ。

 

f:id:Qris:20170213222031j:image

もちろん、私には私の生活リズムがあるので、この子にばかり時間をかけることはできません。でも、寂しさが行き過ぎると凶暴化するというのもありますが、やっぱり寒い部屋で、私の帰りを待ってると思うと、休日くらいはこうやってべったりくっつく時間も必要だなあと感じるのです。彼女の毎日の熱~いお出迎えから、「ご飯にする?お風呂にする?それとも私?」の三択ではなく「私」一択のように感じますしね。

 

こんなことをいってるから、家からでなくなるんですが、まあ幸せなんでいいか~って開き直っています。

 

『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

ポラリスCOMICというWEB漫画で複数話読めるので、ぜひ読んでみてください。あと少しで最新刊も発売なので、仕事でやさぐれた心の栄養剤になることでしょう…。

 

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(3) (ポラリスCOMICS)

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(3) (ポラリスCOMICS)

 

 ああ、楽しみ♡