なごと

カワイイがつまったサイトです。ウソです。

「楽しい」「好き」は搾取の対象となる

headlines.yahoo.co.jp

 

こちら、合法ヤクザと揶揄されるJASRACが新方針を打ち出したというニュースです。ヤイのヤイの、ワイのワイの盛り上がっていたような気がします。

 

確かにJASRAC著作権管理してないと、著作者と使用者の直のやり取りが頻繁に発生するので、著作権料の徴収の仕方としては非常に合理的だなとは思っています。キュレーションサイトに無断で画像やテキストを使われ、直接請求のやり取りをされている方などを見ていると、お金周りのやりとりを個人でするの大変そうだなって思うので。

 

でも、合法ヤクザと言われるだけあって、傲慢ですよね。やり方が。

CDが売れなくなったこの時代。そんな中で確実に徴収先を増やしてきたJASRAC。そして今回目をつけたのが、音楽教室だったようです。

 

不特定の「公衆」に向けて広められる音楽著作物に対して発生する著作権料がなぜ、音楽教室という狭い空間で行われるレッスンに対して求められるような方針が打ち出されたのか。そのレッスンで演奏されることに対しても、不特定の「公衆」が適用されるというから驚きです。屁理屈固め。

 

私は、アーティストが血反吐吐きながら生み出したものに何かしらの税金がかかることは還元にもなるし、リスペクトの対価だとも思っているので、そこに対しては問題視してないんです。でも、「憧れのアーティストの曲を弾けるようになりたい」と練習することに対して、お金を搾取されるのはなんか違うと思うんです。

 

先生をしていた時に、一人の生徒が音楽教室に通っていました。一度だけ先生バンドを組み卒業生のお祝いをしたこともあって…。その後、その子からうまくなるためのコツとかも聞かれたり、音楽教室の事とか聞いたりしたんですけど、とにかく楽しいってことが伝わってきました。

 

また、私の母は、遥か昔よりスピッツに恋い焦がれ、マサムネさんを目の前にすると溶けてしまうミーハー乙女なんですが、そんな彼女も、「スピッツの曲弾けるようになりたい!」とギター教室に通っています。

 

普段聴くだけだった音楽を自分で演奏できることって、本当に楽しいしうれしいし幸せなんですよね。それを、ああいえばこういう理屈をつけて、搾取しようという魂胆が見えるようで嫌です。率直に。

 

なにより、こんな著作権料を分配されて複雑なのは作ったアーティスト側じゃないかなとも思うんです。まあ、お金にはなるから、真意は人それぞれの心にとも思いますが…。でも、コピーバンドの存在を喜ぶバンドマンもたくさんいるっていうことは、自分たちの音楽を通じて、音楽を好きになってくれたことを喜んでいるように私には見えます。

 

もし今回のこの方針が文化庁に受け入れられ、徴収が始まれば、レッスン料の値上げを検討しなければならないところも増えるでしょう。となれば、通えなくなる人も当然いるわけで。

 

昭和14年に設立されたJASRACは、著作物がデジタル化されネットワークで世界をかけ巡る時代を迎えた今、70年を超える実績と経験をベースにデジタル化・ネットワーク化時代の著作権管理のあり方を追求するとともに、そのルールづくりを担い、人々にとってかけがえのない音楽文化の普及・発展に尽くしてまいります。 

 ※JASRACの紹介より引用

 

「楽しい」「好き」で始めた音楽が、金銭的理由で続けられないと気づいたときに、それでも続けるって考えるのは難しいと思います。いやもちろん家でコソコソ練習すりゃいいじゃんっていう人もいるでしょうけど。

 

でも、結局「楽しい」「好き」な音楽に触れる機会をこんな理不尽な理由で奪われることになったら、さらに音楽文化は衰退していくのではないかと思います。

 

にしてもJASRACのああいえばこういう技術は見習うべきものもあるのかもしれませんね。実際こんな人間と付き合いたくはない。