読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

教育現場を離れて教育現場を視る-いじめ認定篇-

日常

www.buzzfeed.com

 

連日報道されるこのニュースを見て、正直、怒りや呆れ、その他もろもろのマイナス感情しか出てきません。どう見ても、どう考えても「いじめ」です。

 

なんだか、150万円という額がピックアップされてるようにも感じますが、ただ単純に「いじめられないために、お金で解決するしかなかった。」と相手に対する恐怖の対価としてお金を支払ったのなら、それはいじめですよね。

 

いじめを受ける人は、様々な感情が入り乱れ、どんどん、どんどん、自分に自信が持てなくなります。日々暴力や暴言を振りかざされることで、さらに自分の存在意義に疑問すら湧いてきます。でも、生きなきゃいけない。となったら息苦しい場所にも、自分の居場所を何とか作らないといけないという方向に思考や努力が働くのも無理はありません。今回の場合それが「おごる」という行為に出たわけですよね。そもそも、「おごる」って言ったかどうかなんて定かじゃないですけど。

 

もうギリギリの精神状況の中で、彼なりにいたどり着いた答えだったんですよ。それを、仮にも教育と名の付く機関にいる大人が認めないって、どういう教育受けてきてるんだって思うんです。

 

学校や教育機関は「いじめ」の存在を隠したがる…。

と言われる、いや、言われてきたのも仕方のない判断だなと思います。

 

だいたい、「いじめ」が発覚で学校運営とか教師の指導力とかにメスが入ること自体がダメなんだと思います。確かにそういう環境が不十分なのもいち要因だとは思います。でも結局どんなに優秀な先生のもとでも、どんなに恵まれた教育環境が整った場所でもいじめは起こりえます。人と人があんなに狭い教室という環境に密集していればなおさら。

 

いじめはなくなってほしいけど、「いじめはダメだ」と学んできたはずの大人の世界でも起こっていることを、子どもの世界で起こらないようにすること自体、難しいことだと思います。

 

だからこそ「いじめ」が発覚した時、どう動くかが大事なのに、担任は力量を、学校は運営を責められたら、そりゃあ隠したくもなりますよね。教育委員会も管理(監視)ができていなかったともっとお偉いところからご指導が来るんですもんね。んなもん、隠すでしょ?都合よく解釈するでしょ?

 

まだ逃げる手段の少ない子どもだからこそ、周りにいる大人が救わなくてどうする。むしろ「あなたがおごったんでしょ?それじゃあ、その行為自体はいじめとして認められないわ」って言われたら、この子が全く救われない。これから先の未来、誰も信用できずに苦しむことだって大いに想像できます。

 

怖くて仕方なくお金を払った。同級生に怯える日々を何とかしたかった。

この「おごる」という行為に、彼の「助けて」がみっちり隙間なく詰まっていたのではないでしょうか?

 

いじめが発覚した時、

対組織

の構図があるから、こういう残念極まりない判断が下されていると思います。

 

対人

として、きちんと向き合えば、今回の件はこんなに長引かずに済んでいるのではないでしょうか?

 

とりあえず、教育長と名の付く人が、第三者委員会の都合のいい解釈をそのまま社会に流したことが残念極まりないのです。

f:id:Qris:20160614000110j:plain