読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

AIR JAMが叶えた「世代更新」

「私は幸運だった」

としか言えない1日が終わってしまいました。

 

airjam.jp

 

私はハイスタ世代ではありませんし、ハイスタが好きってわけでもありません。今回のメンツも、全部が全部網羅してるわけでもなく、おいしいとこどりみたいな聴き方をしていた、とてもファンと名乗っていい人間ではありません。

 

こんなことを言ってしまうと、袋叩きにあいそうですが、

「福岡でAIR JAMが開催される」

っていうことがうれしくて、チケットを運良く手にいれ、ライブに足を運びました。だって、ソフトバンクホークスダイエーホークスだった時から言ってた球場で、超激レアなフェスが開催されるって、それだけで特別じゃないですか?

 

そんな地元ミーハー丸出しで参加したAIR JAM2016。

 

もう、何なんでしょうね。とにかく、胸が熱く鳴りっぱなしでした。これだけ多くの人を巻き込む力をもつ人たちが集まると、熱いのに心地よい空間が生まれるんです。

 

様々なアクトを見て

「ああ、みんなそれぞれの形でハイスタを尊敬して、愛してるんだな」

と。

 

演奏一つ一つが「ハイスタと同じ舞台に立てるこの瞬間、最高!」っていう喜びに溢れてたように感じました。見た目おっさんのバンドマンたちが、楽器を持ちバンドを始めたころの衝動をそのままぶつけてくるようなアクトに、胸が熱くなりました。

 

「お客さんあっての俺たちです」

あえてそんなことを言わなくても、そのバンドの魅力って十分すぎるほど伝わってくるなと感じたAIR JAM。自分たちの追い求めてきたものを共有するだけで、ファンは満足できるんじゃないかなあと思えるくらい、今回ハイスタへのリスペクトとAIR JAMの成功をただただ祈るアーティストの想いが詰まったフェスでした。どのアーティストも演者として最高のパフォーマンスをするだけじゃなくって、AIR JAM楽しんでたから。あれは絶対。

 

そんな空間にいたら、楽しいに決まってるし、幸せって思うしかできないんです。

 

f:id:Qris:20161225224822j:plain

 

あと、難波さんが仰ってたんですが、今回のAIR JAMは「世代更新」。ハイスタ主催のイベントではあるものの、今駆け抜けるバンドをとりあえず偏見抜きに観て聴いてみなよっていう、彼らなりのアプローチだったのかなと思いました。新しいバンドとの出会いで、もしかしたらまた新世代のバンドが生まれるかもしれないと思うと、なんかすごい連鎖だなあと。まあ、俺らも負けんけどっていうのはヒシヒシと感じましたが。

 

 

世の中にはなにがなんでもAIR JAMに行きたかったのに行けなかった人も大勢いらっしゃると思います。いろいろSNSでは気になる点も見受けられましたが、それはそれ。何より大事な「AIR JAM2016が12月23日、世界中で一番最高に楽しくて幸せな空間だった」ということを行けなかった人に伝えたいな、と私は思うんです。

 

行けたことが幸運でした。ありがとうございました!