なごと

カワイイがつまったサイトです。ウソです。

「しか」知らないでも立派なファンだ!と名乗りたい BURNOUT SYNDROMES

もう12月。

今年も加瀬亮と出会えないまま、年が終わろうとしています。

 

もう12月ということは、今季のアニメも続々と終わりを迎えるわけです。終わらんで~。

 

さて、

 

qris.hatenablog.com

 

の記事で触れましたが、アニメの主題歌って、大事ですよね。ものすごーく。

 

本当に楽曲のイメージでストーリーへの入り込みやすさが変わってくると思うんです。

そして、逆も然り。入り込みやすい楽曲は、名曲となりえるわけです。

 

今季もめちゃくちゃ面白いアニメがわんさか放映されているわけですが、トップクラスに私の胸を熱くしてくれているのは

 

www.j-haikyu.com

 

昔、私もバレーボールをしてたこともあって、こんなプレーできたらもっとバレーが好きになれてたかなと思いながら、毎週楽しみにしています。

 

さて、この「ハイキュー」のオープニングを2期連続つとめているバンドがいるんですが、とりあえず、聴いてください。

 


BURNOUT SYNDROMES 『ヒカリアレ』Music Video TVアニメ「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」オープニングテーマ

 

ヒカリアレェェェェェエエエエエ!!!

イェェェエエエエエエエエエエエ!!!

 

もう、声に惹き込まれるしかない感じ。

これがオープニングアニメーションと合わさると、私の中の少年が暴れ出すんです。

 

 

BURNOUT SYNDROMESという読み方難しいバンド名で、ようやく最近「バーンアウトシンドロームズ」って覚えることができたくらいの私。そんな私ですが先日彼らのワンマンに行ってきました。

 

f:id:Qris:20161211001209j:plain

 

正直、彼らの楽曲はハイキューのアニメに使用されているものしか知らないまま、ライブに足を運びました。

 

結論、3ピースバンドのK点越えを目の当たりにしました。

まるでCDを聴いているかのようなバランスのとれた音。かといって迫力がないわけではなく、厚みもすごく、ギター・ベース・ドラムの音が何一つ損なわれることなく、生きていました。そして、その上にのる、圧倒的すぎる声。

 

これでまだ20代前半という衝撃的な事実。

もう、売れる以外の道ないじゃん。って思いました。

 

そして、20代前半にして結成11年という歴史を持つバンドなんですって。

中学生のころに初めて楽器をもって、スタジオ入って、ギャンギャン鳴らして…が今に続いてるのかなあなんて感じながらライブを観てました。

 

MCはしっかり練られて作られたものだったので、そこがなんとも青臭いんですが、それも良し。

 

青臭いのに演奏はベテラン級。そのギャップが、これからも多くの人の心を打ちぬいていくのではないでしょうか。

 

事務所のプレッシャーなどもあるようですが、ぶれずに、頑張ってほしい、生き残ってほしいバンドにまた出会えました。

 

 

檸檬(初回生産限定盤)(DVD付)

檸檬(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

ハイキューの曲しか知らなかった。

でも、ライブに行ってハイキューバンドじゃないって知れたし、好きになった。

もうファンって名乗っていいですよね。