なごと

カワイイがつまったサイトです。ウソです。

音楽、アーティストへの愛が試されている

#転売NO

 

この動きのことを、知っている人がどれくらいいるのか分かりませんが、少なくともライブやフェスの文化が大衆に受け入れられている今の世の中では、結構認知されている運動なのではないかと思っています。

 

どういう運動なのかはリンク先で見れば一目瞭然なのですが、簡単に言うと

「正規価格以上の転売チケットの売り買いやめようぜ!」

ってことです。

 

近年、転売チケットのトラブルが後を絶たず、観客もアーティストも怒り心頭なわけです。

 

私も、問題の温床となっている某チケット取引サイトをたまにのぞいたりしますが

「こいつら頭おかしいんじゃねえの?」

と思うことが多々あります。

 

通常数千円のチケットが数万からひどい時には数十万まで価格が跳ね上がっているにも関わらず、取引が成立しているんです。

 

アーティストはバカ高い各経費を計算し、かつたくさんのお客さんに無理なく楽しんでもらえる額を、悩みすぎて脳みそ沸騰して破裂するんじゃなかろうかというギリギリのラインで決めていると思うのです。若い世代にライブハウスに足を運んでほしいという気持ちが値段に出ているといってもいいでしょう。それくらい多くのファン、そしてファンになるであろう人に自分たちのライブの機会を多く提供してくれているのです。

 

なのに、変に賢いビジネス思考のどあほうが、正規価格にちょっと、いやだいぶ色を付けて、転売サイトなりダフ屋行為なりで儲けているんです。音楽愛の外野で。

 

ファンと自分たちの音楽への愛でつけられたチケット価格を、いとも簡単に踏みにじられる。この高額転売に音楽への愛はありません。

 

しかも、この高額転売行為によって、今まで普通に行われてきた友人・知人間での正規価格でのお譲りにも影響が出ているのです。

 

実際に、今年のクリスマス3連休初日に、パンクキッズがイルミネーション輝く街を荒らすと予想される「AIR JAM」。

こちらも人気が予測できるというより人気すぎるイベントなので、私は運よくチケット確保できましたが、行きたくても行けないという声を何人からも聞きました。

今回このAIR JAMでは、

 

・有料会員登録をしないとそもそもチケットの抽選にも応募できない

・チケット当選して、もし当日行けなくなっても、必ずそのサイトのシステムを活用する。個人間の取引は不可な上無効

 

と、このようにチケット購入の敷居をほんの少し上げた上に、自分が買ったチケットで他人が入れない仕組みを導入していました。

 

正直めんどくさいというのが本音。

チケット買うのにただでさえよく理解できない手数料がとられるのに、有料会員登録まで~??とも思ったし、もし万が一、彼氏ができて3日間クリスマスを楽しむことになってAIR JAMどころじゃないとなっても簡単に譲れない。(絶対彼氏できてもAIR JAMにはいく。許してくれない人とは付き合えない)

 

あーめんどくさ。なんで転売野郎対策に真面目に正当なルートでチケット購入して、あきらめる覚悟までしてる人が巻き込まれなあかんのやって思いました。

 

でもこうでもしないと、今の某チケット取引サイトやダフ屋行為には太刀打ちできない現状があるのだと改めて感じさせられました。

 

じゃあ、どうやったら高額転売なくなるのって聞かれたら

「買わなければいい」

となるわけです。でも実際にはどんなに高くてもいいから、大好きなアーティストのライブが観たいとなる人も少なからずいます。大好きだからあきらめきれないその気持ち、わかります。

 

でも、買う人がいるから、高額転売クソ野郎共の財布の肥やしになって、さらには味をしめさせる現状があるんです。それは理解すべきことだと思います。

 

チケットだけではありません。人気アーティストのグッズなんかも該当します。

以前カウントダウンのフェスに、札束持ったおばちゃんがかなり早い時間から入場列に並んでおり、「転売クソババア」としてTwitterで拡散されていました。

実際にその方が転売のためにその大量のお金をアーティストグッズに使ったかまでは定かではありません。もしかしたら全力で酒盛りをするための資金だったかもしれませんし。

でも実際に転売のためにそういうグッズの買い方をしている方がいるからこのようにSNSで拡散されるわけですし、アーティストによっては購入数制限なんかもあります。

 

「#転売NO」では、表向きは高額転売をしている輩に向けての対策を施していくとなっていますが、これは購入する側のファンにも「高額チケット買わないで」のメッセージであると捉えています。買わないことが、大好きなアーティストの意志を尊重することになるんです。

 

近年ではこれら不正なチケットに対して、個別に無効にする等の対処も少しずつですが見られるようになってきています。

 

アーティスト側も必死です。じゃあ、ファンである私たちも高額では買わないという行動で応えようじゃありませんか?あ、あと言うなら、解散とか活動休止でレア度を高めないでほしいなとは思いますけど。

 

私の好きなメディアでもこの問題の記事を拝見しました。

basement-times.com

 

私もだらだら長い文章読むより、はるかに内容が分かりやすい上、訴えかけてくるものがあるので、絶対読んでほしいです。

 

 「ダフ屋から購入するヤツはクズ」とまで批判はできないが、「ダフ屋から買わない愛をもってほしい」くらいは言わせてくれ。

 ※BASEMENT-TIMES「で?"チケット #転売NO "はファンたちに何を求めているの?本当に偉い人にインタビューしてきた。」より引用

 

本当にその通りだと思います。

「買わない愛」が音楽ファンの中に蔓延することも、高額転売クソ野郎がいなくなるのと同時に願います。