読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

ホテルもねえ!終電もねえ!WILD BUNCH FEST. 2016

フェス

あっという間に8月も折り返し地点を過ぎ、あっという間に私の大好きな曲の季節がやってきます。

 


フジファブリック - 陽炎

 

とはいえ、まだまだ暑いし、何ならひたすら家にこもっていたい天候が続いてるし。辛い。少しでもこの辛い夏を楽しむためにできることと言えば…

 

夏フェスですよね?

 

炎天下に身を投げ出すとか馬鹿じゃない?と思ったでしょう?正解です。

 

f:id:Qris:20160822215400j:plain

 

今年も、山口のWILD BUNCH FEST.

略して「ワイバン」

に参戦してきました~。略し方~~~~!!!

www.wildbunchfest.jp

文字化け~~~!!!

 

そもそも、今年は転職したし、お金ないしで、夏フェス我慢と自分に言い聞かせてたのに、友達にそそのかされ(といいつつ自分で行くと言い出し)完売してたチケットも運よくゲットし、ハイ!参戦です。

 

メンツは、こちらに。説明がもうめんどくさいです。

www.wildbunchfest.jp

 

私は今回初日にしか行かなかったのですが、今回この豪華なメンツの中で、しかと目に焼き付けたバンドと言えば

 

SPECIAL OTHERS

Ken Yokoyama

 

ですかね。

24組出てるのに2組。1/12しかまともにみていないんです。

 

無理もありません。冷房に慣らされたこの身体。突然炎天下の夏フェスを耐え抜けと言われても、耐え抜けるわけがありません。そもそも耐え抜けと言われてもいません。

 

でも、シートで横たわって、生の演奏が聴けるっていうのはフェスならではの贅沢。最高に幸せでした。

 

今回、しかと目に焼き付けたこの2組のバンドについてはちょっとあまりに感じるものが多く、短くまとめられそうにないので別記事で書きます。それくらい良かったんだよ~~~。

 

さて、このワイバンも実は2013年から続く4年目のフェスなんですが、年々チケット争奪戦も激しくなるほどの人気フェスとなっています。

 

でも開催されている場所は、山口。お世辞にも都会とは言えません。

 

シャトルバス本数が確保されている新山口駅も、新幹線は止まりますが、近辺にあるホテルは数万人規模のフェスに応えられるだけの数はありません。

暗くなって、会場から駅までのシャトルバスから見える景色は暗闇。街頭は駅周辺に行かなければないくらいです。

 

そして何より怖いのが、終電。

帰りのシャトルバスで隣で話していたお姉さんたちが

「え?防府までの終電間に合わなくない?」

と。

 

新山口のホテル争奪戦に敗れた者たちが使うホテルがあるのがこの防府なんですが、終電が22:40。終演自体は大体遅くとも21:00くらいなので間に合うように感じますが、田舎の罠がここにあります。

 

会場まで車を利用する人も多いこのフェス。道の広くない田舎ではめったにない交通量。渋滞の発生。

 

となればシャトルバスも無条件に渋滞に巻き込まれます。回転も悪くなり、会場でシャトルバスを長時間待つ羽目になります。そして、見知らぬ田舎で終電を逃してしまうなんてことに…

 

ちなみに私も去年、この防府に宿を取りまして、終演ギリギリまで全力で楽しんだ結果、終電を乗り過ごしそうになった経験があります。見知らぬ田舎で見知らぬ駅員さんに小銭を見せ

防府でちゃんと払います」

と宣言し、改札を通過した経験者です。

 

なので、あのお姉さんたちのことが心配になりましたが、声をかけることができませんでした。なぜなら

 

私も帰りの新幹線ギリギリだったから~!!!

 

私の辞書には反省という言葉がないのかもしれません。

 

 

なので、もし、ワイルドバンチ、略してワイバンに参加してみたいという方がいらっしゃって、山口に泊まることも考えているのであればこれだけをお伝えしたいと思います。

 

何が何でも新山口のホテルを取れ!!

 

 

追伸:略し方はなんだかダサいワイバンですが、海も近く、のほほんとした感じで、都会のフェスみたいになんでもそろってるってわけではありませんが、とてもいいフェスです。 

 

今年もとっても楽しかったです。また来年も行けたら行きたいな~♡

 

f:id:Qris:20160822215549j:plain