読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

お婿さんの話

今日、家に帰る途中、教師時代

「先生彼氏いるの?付き合うってどんな感じ」

って聞いてきた女の子が、彼氏と手を繋いで歩いているのを目の前に見て、あまりのまぶしさに、体力ゲージが底をついたクリスです。付き合うって、そういうこと♡

 

さて、これまでに

 

qris.hatenablog.com

qris.hatenablog.com

 

ブログで、エイズキャリアの子猫のことについてちょっと触れてきましたが、ついに彼が新しい家族のもとに婿入りしました。

 

私は、彼とほんのちょっとしか触れ合っていませんが、婿入り直前の彼は、子猫らしくピョンピョン飛び跳ねたり、「遊んで♡」とおもちゃを口にくわえてもってきたりして愛らしさがグッと増していました。

 

体が弱っていて、もしかしたらこのまま死んでしまうのではないかとすら思われたこともあったこの子猫が、体重も1キロを超え、もりもりと食べ、遊ぶ姿をみて、安心しました。

 

新しい家族の方も、彼を受け入れる準備を十分すぎるほどに整えてくださっていたようで、割とすんなり新しい環境に慣れたようです。

 

これから先、彼が元気で居続ける絶対の保証はないけれども、たくさんの愛情を注がれて、すくすくと育ってくれたらうれしいなと思うばかりです。

 

f:id:Qris:20160815221154j:plain

 

今、譲渡会や保護団体等の動きも昔に比べ活発になり、小さな命がなんとか繋がっています。でも、やっぱり狭いガス室に閉じ込められ、意味も分からず殺されている命もあります。

 

もし、今後、猫を家族に迎え入れたいと思う人がいれば、一度譲渡会や保護団体に顔を出してみてくれませんか?案外地元のスーパーに里親募集の貼り紙なんかもあります。

 

血統書なくても、どんな子でも愛情をもって接していればめちゃくちゃかわいくなりますよ。うちの雛ちゃんも噛み癖ひどいし猫キック強烈ですけど、なんだかんだ言ってめちゃくちゃかわいいし、世界一だと思っています。野良猫出身とは思えない美人さんですし。飼い主に似たのかな。

 

今は野良猫になるとなかなか生きづらい世の中です。ヒトと暮らすことが猫にとって幸せなのかと聞かれたら正直疑問もありますが、少なくともガス室に閉じ込められる運命は避けられます。

 

少しでもそんな苦しい死に方をする子が減ったらいいなと、ただひたすらに思うのです。