なごと

カワイイがつまったサイトです。ウソです。

PUFFYに始まりPUFFYに終わる ZEPP福岡Bye Bye バイ



急激に体型を変えられるみたいな個性がほしいクリスです。

 

仕事が最近ただでさえスランプなのに、月曜なもんで、捗らなさが異常値を示していたので、ひたすらこの動画をリピートして音声だけ聞いてたんですよ。仕事中に。

テンション上がっただけで、たいして仕事は捗りませんでしたが、ヒーローの名前は覚えました。

ミーハーなので、轟焦凍がお気に入りです。あと、相澤先生もいい味出してますね。

 

 

時間が空いてしまったのですが、久しぶりにライブレポをします。私の個性は「急激に話題を変える」だと思います。

sma.co.jp

先週の日曜にZEPP福岡Bye Bye バイというイベントがありました。タイトルを見ての通り、Zepp Fukuokaバイバイするイベントで、Zeppの運営母体であるソニーミュージック所属のアーティストがZeppfukuokaの最後に華を添えてくれました。

 

といっても、全然バイバイする感じでもないし、イベントコンセプトに「学芸会(プロ)」とあるように、ゆる~い内容。私の中で奥田民生さんの出るイベントはどうしてもゆるくなってしまうという方程式が出来上がってしまっているからかもしれないと思って、一緒に行った母に感想を尋ねたら「ゆるかったね~」とのことなので、やっぱりゆるかったです。

 

でも、ライブは全然ゆるくない。むしろ、こういうコラボあり!?みたいな贅沢すぎる一夜限りのセッションが繰り広げられるは、こんな風にカバーするんだ!という発見ありの、感動続きでたまらんアクトが続いて、最高すぎました。

 

SPARKS GO GOの骨太の安定感抜群のロックに、何言ってるか分からないサンボマスターの山口さんの歌声が乗ってたんですが、アリなんです。大アリなんです。痺れたなあ、もう。

 

あと、真心ブラザーズ土岐麻子さんの「Gift~あなたはマドンナ~」をカバーしたんですけど、リハスタでは新境地に達した(全く別の曲になってた)らしく、それも聴きたかったなあ、なんて。

 

あと、私が愛してやまないフジファブリックなんですけども、土岐さんとコラボして「Green Bird」してくれまして。これがいいんですよ~。土岐さんの優しくもスパイスのある歌声が、フジのGreen Birdにはない色を出してくれて。素晴らしかったです♡

 



 

あと、総君は相変わらずかっこよかったです。念のため報告しておきます。

 

そして、OKAMOTO'Sとフジのコラボも非常にレアで、発見に溢れておりました。ボーカルのタイプが全然違うから、オカモトショウが普段歌っている曲を総君が歌うっていうのに違和感はあったものの、これがまた面白んですよね。オカモトショウのクセのある歌を素直に歌い上げてるのは非常に貴重でした。

 

イナ戦からは上中丈弥さんがOKAMOTO'Sの演奏にのせて歌うスタイル。もうOKAMOTO'Sも若手ではないんだろうけれど、この日のメンツの中では圧倒的な若手。でも、OKAMOTO'Sの演奏力への安心感は相当なものだと感じました。上中さんの声がばっちりはまってて、リハしたからとか差し置いて素晴らしいコラボアクトでした。圧倒的にうまい人同士が合わさると異次元になる気がしました。

 

そして次は奥田民生さん。待ち時間長すぎて酒をすでに注入して、登場にも生気はあまりありませんでしたが、演奏は間違いありませんでした。「イージュ―★ライダー」で会場ぶちあがりした瞬間に、今日のお客さんが民生さんファンが大半であることを初めて知りました。

 

そして、トリはPUFFY!ちなみにPUFFYは最初にも登場してきてたんです。なんと、Zepp fukuokaができて初めてライブをしたアーティストがPUFFYだったそうで。で、〆るのもPUFFYって演出にくいな~。くそ~。

 

で、やっぱり彼女たちの楽曲って、知らない人いないじゃないですか?どこかで耳にしたみたいな感じで。会場が一つになる武器を持っているってすごいなと感じました。

 

あと、アンコールの特別ユニットによるアカペラは、衣装のクオリティはドン・キ〇ーテでしたが、贅沢でかつ面白い仕上がりでした。ちなみに「愛のしるし」をされてました。

 

 

Zepp Fukuokaというのは個人的に、不便ではあるし、ドームのナイターとかぶったら帰りのバス悲惨だし、ドームのライブとかぶってもバス悲惨だしで足繁く通ったライブハウスではなかったのですが、ライブハウスデビューをしたのはここでしたし、このライブハウスだからこそ楽しめたライブもたくさんあったしで、無くなるって聞いたときは「困る~!」と思いました。

 

でも、もうすでに廃墟と化したホー〇スタウンにひっそりライブハウスがあるのもね。

 

これを機にぜひもう少し中心部からアクセスいいところに建設をお願いしたいところです。

あのキャパのライブハウス無くなると、福岡のライブ事情はより一層厳しくなると思うのです!ただでさえ音楽輸入が遅い(と思っている)福岡だから、大きなライブハウスで一気に知ってもらうっていうのは大事なことだと思っています。

 

音楽業界厳しいかもしれないけど、ソニーミュージックさん頑張ってください!お願いします!また福岡でたくさんのアーティストがライブできる環境を作ってください!

f:id:Qris:20160623001715p:plain

 

 

何はともあれ、約20年間お疲れ様でした!ドリンクのファイバーは美味しくなかったけど、モンスターよりレッドブル派だったけど、お世話になりました!