読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

海風・砂浜が過酷なものに JAPAN JAM BEACH 2016

慢性的な肩こり・腰痛に悩まされ、体力不足が嘆かれている私ですが、キャッピキャピの高校生の頃から好きで、ずっと続けられている趣味の一つに

ライブ参戦

があります。

 

f:id:Qris:20160622235604p:plain

 

今回のゴールデンウィークのような長期休暇には、旅行兼ねてロックフェスに参加しています。今回はタイトルの

JAPAN JAM BEACH 2016

に参戦してきました。

 

フェスといえば、音楽はもちろんですが、ロケーションも大事ですよね。私のような、会社に不平不満しか持っていない人間にとって、非日常を感じる場所が非常に重要なんです。大好きな音楽と時間がゆったり流れるみたいな。

 

 

f:id:Qris:20160622235617p:plain

ご覧ください。海そして砂浜。夏に水着を着てキャイキャイすることのない私が、パーリ―ピーポーに負けず劣らず海を先取りできるんです。

ただ、今年は台風並みの低気圧の影響で、

海は大荒れ

全然爽やかじゃない海風

相変わらず歩きにくい砂浜

という、なかなかのコンディションのなか、たくさんのアーティストが演奏を繰り広げてくれました。

 

お目当ては

グループ魂

ストレイテナー

の2組。

18組出るのに立った2組のために、島が離れた場所から遠征です。バカだと思った人は正解です。

2組のアーティストのアクトは素晴らしいものでした。

ストレイテナーのアルバムからのシングルカット曲「シーグラス」は至高。


ストレイテナー「シーグラス」ミュージックビデオ(Dir:大久保拓朗)

 

溶けるわ。ホリエ氏の声。

愛するOJ様のリフには相変わらず打ち抜かれてしまうわ。

ストレイテナー最高。

 

あと、もう一つのお目当てグループ魂ですが、今回は遠藤賢司とのセッションライブもあり、先が読めず、案の定時間が押してしまうというハプニングもありましたが、「モテる努力をしないでモテたい節」からぶっ飛ばすというセットリストに高まらずにはいられませんでした。

あと、昔のピースと昔のピースで「女性〇」を学んだので、積極的に使っていき、友人の蔑みを受けたいと思います。

 

もちろん、もっと他にもいろんなアーティストのライブをみました。いろんなアーティストとの出会いがあるのもフェスの魅力ですしね!

ゴールデンボンバーは、公式からいろいろ止められてたのかな?いつもよりパフォーマンスは控えめな気がしましたが、やっぱり魅せ方はうまいです。

POLYSICSは思いもよらないセッションで、THE BAWDIESとお互いの楽曲を。こうも色の違うバンドが合わさると面白いんだなという発見と、JIMさんはひげ剃ってほしいなとひたすら感じました。

 

で、本当はトリのASIAN KUNG-FU GENERATIONまで残るつもりだったんです。私のライブ処女をささげたバンドですし。

 

でも、

でも、、

でもぉぉぉぉおおおお!!!

 

海風が夜に近づくにつれ強く寒くなり、とても会場にいたら体調を崩しかねない、早く温かいお風呂に使って体をいたわりたいという、若いころにあったフェスガッツが無くなってしまい、スマホの充電が切れたと同時にホテルに帰還しました。

 

あ、でも、ホテルの露天風呂からアジカンのライブを聴くことができるという贅沢をできたので、これはこれで。それにしてもセットリストが最高すぎて、長風呂しすぎたし、なんなら口ずさんでいて、外国人観光客に変な目で見られましたが。

 

 

f:id:Qris:20160622235831p:plain

春フェスという、ここ数年で定着した文化。

大好きなアーティストの音楽を、心地よい気候で堪能できるという点では、夏フェスより好きかもしれません。

 

全国各地でフェスをしていない時期がないというくらい、ここ数年でフェスという文化が根付いてきて、本当にこれしか趣味のない私にとってはありがたいことなんですけれども、

 

海辺ってやっぱきついよね~~~!!!

 

 

翌日には飛行機で帰ったんですが、JAPAN JAM BEACH以外の観光は一切せず、空港で全国チェーンのマッサージ店に駆け込み、疲れ果てた体をまた労わって、銀魂新刊買って帰りました。友情!努力!勝利!痰!

 

今年はあまりに過酷なロケーションとなってしまい、残念ながら2日目の日程は開催中止となってしまいましたが、暖かければ、海風も心地よく、リア充感を味わえる場所にもなるので、来年のGWの予定に組み込んでみてはいかがでしょうか?