読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

志村正彦名刺代わりの名盤 CHRONICLE

「どんなバンド(アーティスト)が好きなの?」と聞かれて、脊髄反射のように答えるバンド皆さんにはありますか?

 

私はフジファブリックと答えます。

 

 

 

好きになったのは2009年。BSのスポーツ番組で流れていた、気怠くもなんだか元気になれる、なんとも言えないイメージソングが気になって気になって、誰の歌?ってところからフジファブリックと出会いました。 

 

もう、そこから彼らの音源をとにかく聴きまくりました。そして、その中でも最も聴いたのが、このイメージソングでも採用されていた楽曲が収録されているこちら☟

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51JvRRhsEBL._SL75_.jpg

『CHRONICLE』です。

 

フジファブリックとの遅すぎた出会い 

フジファブリックがメジャーデビューしたのが2004年。そこから精力的にフェスやライブで認知度はもちろん、人気度も上昇していたのに、なぜ私が好きになるのに時間がかかったのか? 

それは

 

メロコアにしか魅力を感じていなかった時期とかぶっていたから

 

です。愚かすぎる。全く持って愚か。 

自分も軽音楽部に入ってはいたものの、一時期「キーボードなんていらねーよ」「バンドっつったら3ピースだろ?」っていう、偏りに偏った感覚を持っていたので、フジファブリックの音楽にピンと来なかったんです。 

 

で、トレンドに周期があるように、私にもブームの波が来まして、シンセやキーボードの魅力を感じられるようになり、ごくごく自然にテレビで聴いた音がズドーンと私の心を射抜き、慌てて〇SUTAYAに駆け込んだわけです。 

テレビでかかっていたのは『Sugar!!』


フジファブリック - Sugar!!

 

ロック=メロコア脳だった私にとって、ロックの概念を変える1曲だったことは間違いありません。 

収録曲

  1. バウムクーヘン
  2. Sugar!!
  3. Merry-Go-Round
  4. Monster
  5. クロニクル
  6. エイプリル
  7. Clock
  8. Listen to the music
  9. 同じ月
  10. Anthem
  11. Laid Back
  12. All Right
  13. タイムマシン
  14. ないものねだり
  15. Stockholm

とこのように書いても知らない人にとっては知らんがなっていう話です。 

 

でもすでに、この『CHRONICLE』リリース以前にフルアルバムは3枚出していた彼ら。なぜ、デビュー盤でもなく、この4枚目のアルバムが特別なのか。それは志村正彦の存在の凄さを見せつけられる1枚だからです。 

志村正彦という天才

フジファブリックのソングライティングにおいて、この志村正彦の存在なくして説明はできないというくらいの重要人物なんです。もう、あらゆるところで情報は既出なので、ここでは書きませんが。 

 

ただ、これまでのアルバムと違うのが、全曲、志村作詞・作曲だということです。 

もちろん、これまでも彼がほぼメインでソングライティングはおこなっていたわけなんですが、『CHRONICLE』にかんしては、メンバーに「全部やらせてくれ」と。

※こんな言い方はしてないと思いますが…。 

 

そして、心強いメンバーと、初の海外レコーディングという充実環境で出来上がったのが『CHRONICLE』なんです。あ、ちなみに、フジファブリックのメンバーの演奏力は業界内でも高評価で、あらゆるアーティストのサポートを任されるほどの実力です。 

 

志村正彦の今が詰まっていたのが『CHRONICLE』。彼が自分のことをどこかでアピールするとなれば、このアルバムを名刺代わりに差し出せば万事OKくらいの変化にとんだ、彼のあらゆる側面が垣間見えるような名盤が出来上がったというワケなんです。

 

そして、レーベル移籍を発表し、新作に向けての意欲もむくむくとなっていた時期に、彼は本当に「全力で走って」天国に行ってしまいました。 

その年のカウントダウンライブの本人たち不在のステージは今でも脳裏に焼き付いているほど、それだけショックの大きい出来事ではありました。 

 

でも、今も3人のメンバーがフジファブリックをどんどん進化させながら活動中なので、私も全力で応援を続けています。 

『CHRONICLE』とりあえずこれキイテ 

 

収録曲もすべて紹介していますんで、できることならすべて聴いてよと思うんですが、今の世の中、ダウンロードしかしないよ~という人もいるでしょうし、1曲ずつ買うという人もいるでしょうから、独断と偏見で、フジファブリック入門として知らない人に押し付けたい楽曲を紹介します。 

 

バウムクーヘン

 

まず、イントロから、グイグイっとアルバムの世界観に引き込まれます。それくらいワクワクさせられるのです。多分この時点で1曲買いしたことを後悔すると思います。

 誰か僕の心の中を見て

※『CHRONICLE』収録 バウムクーヘンより抜粋

こんな歌詞を使ってる曲を1曲目に持ってくるこの演出が憎すぎる。上手すぎて憎すぎる。憎すぎて好きすぎる。

一度聴いたら、頭から離れないことは間違いないです。多分

 チェッチェッチェ うまく行かない

※『CHRONICLE』収録 バウムクーヘンより抜粋

って気づいたときには口ずさんでしまうことでしょう。特に仕事うまく行ってない時とか。ムカつく上司に意味わからん案件ぶん投げられたときとか。

臆病な自分を受け止めてみよう、と春先新しい生活が始まるときに聴きたくなること必至。 

 

Sugar!!

 

私自身も、この楽曲がフジファブリックにドはまりするきっかけでしたし、キャッチ―で疾走感のあるメロディーは、誰にでも愛される楽曲なんじゃないかなと思います。

 全力で走れ 全力で走れ

※『CHRONICLE』収録 Sugar!!より抜粋

この歌詞に何度救われたことかってくらい、疲れ切ってた時の背中チョイ押しソングとして、重宝しています。(20代後半 女性 OL) 

 

怪しい通販商品に掲載されるコメントのようになってしまいましたが、ほんとに重宝してます。

 甘酸っぱい でもしょっぱいでもなんか悪くは…ない!

※『CHRONICLE』収録 Sugar!!より抜粋

歌詞を深追いすれば、きっと仕事に疲れたOL向けの楽曲ではないんですが、幾度となく

「もうちょっとやってみよ」

という気持ちにさせてくれた楽曲であることは間違いありません。よかったら、背中チョイ押しソングに加えません? 

 

Monster

 

思わせぶりな女と振り回される男の物語とでも言いましょうか。 

 

彼らが爆発的に世間に知られるきっかけになったのが、この後リリースされる『MUSIC』に収録される『夜明けのBEAT』が、映画モテキ』の主題歌に抜擢されたことだったのですが、個人的には主人公の幸世のモテキ前の恋愛にものすごく当てはまるなーと脳内変換して聴いてた曲なんです。

すんなりいかないフェンスは鉄壁 かしまし娘っこ

速度あげたら止まんない!

瞳孔開いてなおんない!

 ※『CHRONICLE』収録 Monsterより抜粋

好きになったら止まらんっすよね。最近、全然そういうのはないけど(笑) 

早口言葉で畳みかけられるような歌い方は、聴けば聴くほど中毒性を増すと思います。楽曲は先に紹介した2曲と打って変わって、ゴリゴリのロックチューンです。

 

Anthem

 

お腹にドンドン響くベース音から始まる、壮大な楽曲。音の広がりに反して、とにかく優しい歌声が心にストンと落ちてきます。

鳴り響け 君の街まで

闇を裂く このアンセムが

轟いた 雷の音気がつけば 僕は一人だ

 ※『CHRONICLE』収録 Anthemより抜粋

だれが、こんな切ない詞を、この壮大なメロディーにのせようと思うでしょうか?

これが志村正彦なんだなと、思わずにはいられないそんな楽曲です。

 

壮大なメロディーとは裏腹に、孤独を淡々と歌い上げることができる人って、なかなかいないと私は思うのです。 

 

All Right

 

これまた打って変わっての、ゴリゴリゴリゴリのロックチューンです。 

 

これは、もう私自身の後悔としかいいようがないのですが、実はこの『CHRONICLE』ツアーにフジファブリックに気づくのが遅かった私は行けず、学生で大型フェスにも財布事情で行けなかったこともあり、聴きたくても聴けていない楽曲の一つがこの『All Right』なんです。 

 

演奏引くくらい難しそうだから、メンバーが3人になってからは演奏したっていうのを聞いたことがないのですが、リクエストしていいよって言われたら真っ先にいうタイトルです。 

とにかく、サイケデリックで、カオス狂気

こんな曲もできんのかよ!という衝撃。

フジファブリック表現の無限さに恐怖すら感じた楽曲です。

踊るマスコットボーイ

踊るマスコットガール

※『CHRONICLE』収録 All Rightより抜粋

でこの歌詞。ありそう、分かりそうで、よく見たら・聴いたら

「いや、意味わかんなくね?」

っていうのが最高。ありがとう! 

 

Stockholm

 

たった8行の歌詞に、ストックホルムでのレコーディングのすべてを詰め込んだとしか思えませんでした。初めて聴いたとき。

誰かが作った雪だるまを見る

雪が積もる 街で今日も君の事を思う

 ※『CHRONICLE』収録 Stockholmより抜粋

真冬のストックホルムで作られたこの楽曲には、彼が感じた風景も情景もすべてが映し出されています。歌いもとにかく語り掛けられているような、丁寧さと優しさが特徴的で、この曲を最後の曲に持ってきたという演出が憎い~!!!フジファブリック憎い~!!!好きすぎる~!!! 

 

別に弱くてもいいじゃんって気にさせてくれる『CHRONICLE』

 

独断と偏見による愛だけで、押し付けてまいりましたが、本当は全曲押し付けたいところ我慢したのでお許しください。 

 

正直、好きなアーティストのアルバムでも、いまいちピンと来ない、いわゆる「捨て曲」と言われる楽曲がありますよね?ありませんか?iPodで聴いてたら飛ばす曲ですよ? 

この『CHRONICLE』には、独断と偏見と愛によるものかもしれませんがそんな楽曲ありません。それだけ飽きさせない名盤だと私は思ってます。 

 

で、できることならCDとして手元に置いてほしい。ジャケット含めて最高。とりあえず山内の総一郎さん(ギター)が最高にかっこいい。結婚して! 

とまあ、私情挟みまくってますが、とにかく、聴いたことない人にはとにかく押し付けて良さについて1週間くらいかけて語りつくしたい、そんなアルバムです。