読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごと

好きなものと猫とトイレ

最初のハードルは反復横跳びで飛び越えられるくらいにしておけ

日常

先週末はお給料をもらいながらお休みを頂戴し、3連休を満喫しました、クリスです。休日、一瞬過ぎて泣ける。

明日から、5日も連続で会社に行くと考えるだけで、なんかインフルにかかりそうな予感がします。

 

このように、会社に行きたくないという気持ちを一切隠す気のない私ですので、組織に属するっていうこと自体がむいてないのかな?と思うことも多々ありまして。実際に、ニートと短期離職を繰り返す「今どきの若者は」と言われてもおかしくないような人生をこれまで歩んできました。

 

こんなんだから、新人の立場で働くことの方が圧倒的に多く、全力で上司のすねをかじってきました。思ってたよりも多い出会いの中で「ホントこいつクズだな」と思う上司がいたのも事実ですが、ありがたいことに自分の仕事に対する姿勢や価値観を大きく変えてくれた尊敬できる方にも出会ってきました。

 

中でも

「新しく入ってくる人には過大な期待をしすぎないこと」

「後輩が仕事に何かしらの気づきができた時に自分の教育が実を結んだと思おう」

「後輩が意見できるようになったことを一緒に喜べるようになろう」

と教えてくださった方がいらっしゃいました。

 

その方は、決して多くを語らない寡黙な人でした。私自身、そこに入社したばかりのころは、あまりに物静かな方だったので苦手としていたくらいの人でした。 

上の3つの教育の姿勢を教えてくれたのも、言葉でというより、何となく雰囲気で伝わってきた感じ。でも、それだけ自然とその方の価値観と部下の成長への期待を感じ取ることができたのです。

 

その人のもとでたくさんの失敗もしたし、注意を受けたこともあります。でも、決して諦めず、静かに、でも大きな心で私の仕事を受け止めてくれたので、思い切って仕事に取り組めました。 

部下一人ひとりのスキルを、短期的にも長期的にもしっかり見極めて、今どの程度の仕事を任せても大丈夫なのか、伸びるのかを適切に判断し、人を育てて、部署を育てるということを実現できる方だなと、辞めて数年たつ今でも思っています。

 

寡黙に見せて、実はシュールな笑いが好きだったり、家族愛に溢れていたり、たまにえげつない毒を吐いたりと、意外な一面が見られたことで、辞めるときに唯一この人のもとは離れたくないなとすら思ったほどでした。それくらい尊敬していました。

 

「期待してる」というプレッシャーを感じたことはありませんでした。

「そっちの方が業務効率的にいいかもね!任せていい?」の言葉がとにかくうれしくて自信に繋がりました。

「はっきり言う勇気があるから、安心できるよ」の言葉で、営業所の人とちょっと揉めたくらいじゃへこたれなくなりました。

 

その時その時のハードルがヒョイッと飛び越えられるところに設定されていたことで、身の丈よりちょっと高い仕事に積極的にのびのびと取り組み続けられたのかなと、今、改めて思います。

 

今、私は、別の会社で後輩の指導にも携わっています。

 「会社に貢献できていない」と自分を追い詰めてしまう後輩に、かける言葉が見つからないのです。「肩の力抜いて」とか「そんなに気を張らなくてもいいよ」は頑張っている相手にかける言葉として適切じゃないなと思いつつ、その言葉に逃げること多数。

入社時に華やかなスキルを持ってきた子なので、会社からと大きな期待を受けていたのも要因だとは思います。でも、一番近くで見て、状況判断できる私のフォローがクソなのもきっと負担になっていることでしょう。自分がこんな恵まれた環境で新人教育を入社してから辞めるまで続けてもらっていたクセに、これです。

 

「期待しすぎないこと」

「褒めた次に何を見せるのか判断すること」

「一緒に喜ぶこと」

がこんなにも難しいなんて、思ってもいませんでした。個人としても会社としても。

 

あの上司の背中をみて育った結果がこれか、と自分に嫌気は差します。でも、後輩にかけてあげるべき言葉や態度は目の前で見てきたし、体感してきたので、きっとできないことはない…と言い聞かせています。

 

あと1ヵ月半もしたら新入社員が入ってくるという会社も多いですよね。新卒なんて社会も知らないし、できることなんてないんですよ、ほぼ。

そんな子たちに、会社の発した「期待してる」という言葉が、その時は意欲になっても、のちに重荷になるくらいなら、最初は反復横跳びで飛び越えられるくらいのハードルを設定して、徐々に能力を開花させるくらいでいいんじゃないかと思うのです。

 

期待しすぎない新人教育。

きっとそれで、のびのび、イキイキと仕事を楽しむ人が増える。

きっとそれで、教える側の力も伸びる。

メリットいっぱいな気がしてます。

 

こんなこといったら生産性うんぬんで上から怒られそうですが。

でもさー、正直一人前になってない人間が、一人前を育てるっていうのに無理があるよね~。ということで、私もハードル低めで一緒に後輩とのびのびすくすくしていきます。そして後輩が育って私を追い越したら隠居します。

眠気吹っ飛ぶ!明け方のミラクルなライブがここに繋がる『Thousand Miracles』

ライブ 音楽

 

 

あの、とりあえず、年明けた後すぐの話に戻ることをお許しください。

 

私、クリス。割と長年dustboxというバンドが好きでして。とことんメロディック、メロディアスでありながら、恐ろしく激しい音の波に何度も何度も心を打ち抜かれて今に至ります。

 

昨年から今年にかけてのCOUNTDOWN JAPANの最後はdustboxで締めました。友人が言ってたんですが、珍しいアンコールなんかもあって、それはもう最高!ミラクル!焼きそば!新年早々いい気分だったわけです。最高に楽しくて、ダスト好きすぎて泣いて、隣で見てた友人に引かれました。

(でもさすがにオールナイトのトドメにdustboxはきつい。体力的に。運営鬼畜)

 

そんな彼らが久しぶりにフルアルバムを出すっていうから買わないわけにはいかないんですよ。

 

 

 

 

Thousand Miracles

 

Thousand Miracles

結論、また最高な作品を生み出してくれてサンキュー。

 

軽やかと見せかけて重みのあるメロディックな音が、休む間もなくたたみかけてくる~!!これを快感と言わずなんという。

おや?なんだかSo!Cute!な新感覚もあるぞ!

ライブでは噛みまくるSUGAの高音ボイスもまた、心地よい。デブでも駆け出したくなる疾走感。

どこまでいってもライブ感満載で、ライブハウス全体が汗まみれで臭くなってる光景が思い浮かぶアルバムでした。

 

 

私はライブが好きで、昔からちょこちょこ足を運んでいますが、ライブハウスとにかく楽しいぞ!っていうのを教えてくれたのがdustboxでした。

卒論のゼミ内発表日がダストのライブと被ってて、絶対開場にも遅れたくなかったので、日程をずらしてもらったこともあります。学業よりライブ。

 

今回もツアーで全国津々浦々回るそうで、私のように学業よりライブを優先してしまうような学生が出ないか心配ですが、そうなっても仕方ないなと思ってしまうのもdustboxなんですよね。ライブハウスがあんなに汗まみれで臭くなるのにアーティストもファンもめっちゃ楽しそうなんやもん。そりゃハマってもしゃあない。

 

ドラムのYU-KIさんが加入して初めてのフルアルバムを引っ提げたツアー。どんなライブを各地でかましてくれるのか、期待せずにはいられない『Thousand Miracles』

 

1000ミラクルどころじゃない奇跡がそこかしこで起こるんだろうな、そして絶対「やめすJ」って言葉が飛び交うんだろうなと、楽しみで仕方がないのです。

 

 

 

まったくもう、どこまでも高まらせてくれますね。

人嫌いの青年と世話焼き猫の日々に「家族」を教わる 『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

マンガ 日常

気温が上がったかと思えば、下がって雪が積もったりと、2月は忙しいですね。

(きっとストロボ・エッジの世界だとそろそろ「春の匂いがする…」と仁菜子ちゃんがふと呟いて、それを蓮くんが優しい笑顔で見守り始める季節になるんでしょうね)

 

寒くて仕方ない、仕事に行くのもつらい。そんなあなたは、さあ!今朝のうちの可愛い雛ちゃんをご覧ください。

f:id:Qris:20170213222022j:image

フィルター清掃赤ランプ表示には目を向けないでください。

エアコン直乗り。

めっきり寒くなってからというもの、暖房の風を浴びるじゃ事足りず、直に暖を取るという荒業に出ています。そこそこ体重あるので、ギシギシいうから怖いけど、上からなんか話しかけてくるのくっそ可愛い。

 

私も明日でこの子を家族に迎え入れて早1年になります。彼氏との記念日は忘れるのに、猫記念日は覚えてるんですよね。だから愛想つかされる。

本当に顔に似合わず凶暴で、誰に似たのか気も強く、今まで迎え入れたどの子よりも手がかかるのは間違いないのですが、カワイイ妹のような存在です。母は孫と言ってます。そろそろ人間の孫は諦めてるのかもしれない。

 

さて、今日はこんな猫を家族に迎え入れたとあるおうちの作品をご紹介します。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)

『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

 

とにかく、猫好き必読ってくらい、おススメの漫画です。

偏屈で人嫌いなミステリー作家の”朏素晴(みかづきすばる)”とひょんなことから拾われ同居人となった猫”陽(ハル)”が織りなす、ほっこり日常系ストーリーです。人と猫、それぞれの視点から描かれる物語に、ワクワクほこほこすること間違いなしです。

 

最初は、小説のネタ・観察対象としてしか猫を見ていなかった素晴。想像の世界に想いを馳せてばかりだった彼が、ハルと過ごす現実を通して、少しずつハルや身近な世界に心を開いていくようになります。

一方、ハル編では、猫から見える素晴や世界を読むことができます。素晴と出会うまえのハルは、死と隣合わせのような生活の中で、兄弟猫と必死に生きてきました。ご飯を食べるのもままならず、その日暮らし。だからこそ、ご飯が当たり前のように出てくる素晴との生活に少しずつ安心を覚えていきます。そんな中で、元々、心配性のハルの性格が、素晴の不器用さを支えるようになり、信頼関係を結んでいくんです。

 

この作品を読んでいて、真っ先に思い出したのが去年のバレンタイン。雛ちゃんを拾った日の事です。次の日が仕事にもかかわらず、とにかく何かあげなくちゃとコンビニまで猫ご飯を買いに走ったのを思い出しました。

拾ったばかりのころのこの子は、とにかく目の前に出てきたご飯をぺろりと平らげ、アンコール。人のごはんにも平気で口をつけ、どんなに怒られても諦めない不屈の精神を持っていました。野良猫だった生活がきっと過酷だったのだと思います。ご飯もろくに食べられず、小さい子猫が大きな猫に勝てるわけもなく、お腹を空かせてうろつく姿を想像すると、なかなかに辛いものがありました。

今となってはドライフードはとりあえず残して、美味しいウェットフードをまずしっかり平らげる、舌が肥えた家猫さんになってしまいました。でも、それだけ「ここにいれば私は安心してごはんが食べられる」と感じてくれてるのかなと思うと嬉しくもあり。

なにより、私が年に数回実家にこの子を預けて遊びに出かけるのですが、この前の年末年始のこと。実家にお泊り保育をした雛ちゃんは、敵意剥き出しで私以外の家族が扱いに困るほどだったのに、私が迎えに行くとほんの少し優しく触れ合えるようになったという事実が、なんとも嬉しくて。それだけ信頼されてるのかなあ…って。

 

この子との日々はあまりに当たり前になりすぎて、なかなか気づくきっかけもありませんが、この『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』を読み進める中で、「家族」ってこういう小さな出来事の積み重ねで作り上げられるんだなあとしみじみ、感じました。もちろん人と猫という関係だけではなくですよ。

 

f:id:Qris:20170213222031j:image

もちろん、私には私の生活リズムがあるので、この子にばかり時間をかけることはできません。でも、寂しさが行き過ぎると凶暴化するというのもありますが、やっぱり寒い部屋で、私の帰りを待ってると思うと、休日くらいはこうやってべったりくっつく時間も必要だなあと感じるのです。彼女の毎日の熱~いお出迎えから、「ご飯にする?お風呂にする?それとも私?」の三択ではなく「私」一択のように感じますしね。

 

こんなことをいってるから、家からでなくなるんですが、まあ幸せなんでいいか~って開き直っています。

 

『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

ポラリスCOMICというWEB漫画で複数話読めるので、ぜひ読んでみてください。あと少しで最新刊も発売なので、仕事でやさぐれた心の栄養剤になることでしょう…。

 

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(3) (ポラリスCOMICS)

同居人はひざ、時々、頭のうえ。(3) (ポラリスCOMICS)

 

 ああ、楽しみ♡

うさん臭いものが溢れるこんな世の中じゃ

日常

寒いからこそ、アイスが美味しい。

ぬくぬくと暖まった部屋で、おーっとと溶けて滴りおちそうなアイスを舐めるのが好きです。ちなみに知覚過敏です。

 

さてこんな生活を送っているので、冬眠の予定もないのにぶくぶくぶくぶく太っております。できることなら、痩せてておっぱいはあって、今すぐに抱きたいと思われるような女になりたいと思うものですが、現実的に不可能かなとも思っています。泣きたい。

 

私のデブトークはさておき

 

www.nhk.or.jp

 

先日、NHKクローズアップ現代で特集されていた機能性表示食品もとい健康食品について思うことがあったので、今日はこれをテーマに長々と書いていきます。

 

「簡単に理想を叶えたい」という人の弱さを利用する

やっぱり、楽に理想が叶うほうがいいじゃないですか?「苦労した分だけ得られるものがある」みたいな思想は、美談だと思っています。

 

コンプレックスに関しても同様、私で言えば「おっぱい大きくなりたい」「痩せたい」という願望は常日頃から忘れているようで頭の片隅にはあって。これが短期間で叶うのなら、願ったり叶ったりだなあと思います。コンプレックスの克服に苦労したくないんですよ。

 

この『苦労したくない』という、つつけば簡単に崩れてしまう人の気持ちを利用した健康食品が、もうとにかく多すぎ。

 

もちろん、絶対効果がないとも言い切れないのは、それを気に入って使っている人もいる事実があるからだとは思いますが、裏側を知れば知るほど唾を吐きたくなる世界です。

 

私は以前、「コンプレックスは金になる」「このコンプレックス商材で商売をしている俺間違ってなかったわ~」という社長の下で一時期働いておりました。ネット限定の各種美容サプリメントを販売している会社でした。

 

「効果実際ないでしょ?」と尋ねると「まあ、正直ね。サブリミナル効果だよ。どこも」みたいな回答をする社長に、即座に「ああやべえな」と思った記憶があります。人の「なんとなくよくなったかも~」に頼るなよ。

 

無知を利用する

さらにたちが悪いのがその販売方法。

www.sankei.com

 

こちらの記事にあるように、「初回無料」とか「初回特価」とかで消費者を釣って、自動的に定期購入への道に引きずり込むのです。

 

「しっかり契約情報見ればよくない?」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。その通りです。見ればいいのです。しっかり契約内容を。

 

でも、「複数回の購入を約束の上で」という確認の文字は、申し込みフォームに比べるとフォントの大きさも小さく、文字色も埋もれてしまっているところが大半。見落としても仕方のない仕掛けがあるんです。

初回特典の文字だけドーンと大きく表示されて、それっぽい効果を書かれていれば、コンプレックスを抱える人間にとっては一種の救いのようにも感じるのは無理のない話。広告ページの作りは非常に巧妙で、卑怯さが詰まっています。

 

もちろん、私の勤務していた会社もこの手法を採用し、望まない定期購入の道へ引き込まれる人が大勢いました。そしてコールセンターへの問い合わせという名の苦情が鳴りやまない日々。簡単にネットで申し込めるのに、解約は電話でしか受け付けません。

 

そして、初回だと思って申し込んで2回目以降の申し込みをキャンセルしたいと申し出ても、契約したでしょ?ちゃんとサイトにも書いてたしの一点張りで、決められた回数は購入しないといけないので、泣き寝入りする消費者がたくさんいました。

 

コールセンターの人が毎日毎日苦情を受け続け、いつの間にかいなくなってたなんてことも珍しくはありませんでした。

 

産業振興に「消費者」が存在していない

クローズアップ現代の取材で、岡村和美消費者庁長官は

 届け出である以上トクホほどの時間と費用をかけていないので可能性自体は否定できません。
ですから選ぶ消費者は慎重に選んでいただきたい。
そういった消費者への制度自体の限界も含めて、消費者教育は進めていきます。

 と答えてました。いやいやいやいや…

 

 

と即座に感じました。番組中、山田まりやさんが一言こういいました。

だって、最終的に責任転嫁ですよね。
私たちの体に合う、合わないというのは、ご自身の判断でってことなんですよね。

まさに!

なんで商品を買う側に、なんで、お金を払って商品を購入する消費者側に、科学的根拠や安全性を見る労力や負担を負わせるんでしょうか?リスクなど最終的な責任までなすりつけられるんでしょうか?

 

正直、専門家でもないのに長くて難しい専門用語だらけの論文や検証データをみて、それが正しいのか、公平なのか素人には判断できるものでもないと思います。

 

検証が十分になされていない健康食品はまず問題外ですが、企業にとって都合のいい検証や論文のみで、しかも国に届け出ただけで効果を謳える「機能性表示食品」も絶対に問題だと思うんです!!

 

特保として商品を生み出すのにお金がかかる。じゃあ、「もっと産業を活発化させるためには」の結論がこれなら、全く消費者の求めているものと異なっていると思います。

 


効果効能を謳えば確かに商品は売れるでしょう。でも、消費者にもっと分かりやすくかつ正しく伝えることの方がもっと大事なのではないでしょうか?

 

少なくとも私が前いた会社の社長のような人が売る健康食品に、無駄金はたく人が周りにいたら、私は止めます。そんなものにお金をはたくくらいならもっと好きなことにお金使いなよって。

 

最後にコンプレックス商材という言葉に含みたくはないですが、コンプレックスを内側から「改善」するのではなく、外側から「活かす」手法で、悩める女子の味方になっているなあと感じる方とブランドを紹介します。

 

feast.tokyo

chaca.jp

 

現役女子美大生のハヤカワ五味(@hayakawagomi)さんが創ったランジェリーとワンピースのブランドです。純粋に彼女がかわいいからファンなんです。

 

一般的に女性のコンプレックスになりがちな「貧乳」をシンデレラバストと捉え、胸が小さいからこそ着こなせるランジェリーを。そして、一見コンプレックスには見えない「細身」も、彼女が同じ悩みを抱えるからこそ、キレイに見せるコツを知り尽くし、ワンピースという武器でより活かすことができているのではと。

 

コンプレックス商材もネガティブなアプローチじゃなくって、こういう「活かす」というポジティブなアプローチになれば、売る側買う側のニーズがマッチするんじゃないかなと思っています。

 

なんか、コンプレックスに寄り添う気もないのに、商品化するのはやめてほしいと思うのです。

 

高くて細くて汗が滴る男性が尊い

ライブ 日常 音楽

JCやJKと言われる時代、きっと皆さんにもありましたよね。遠い昔でしょうけど。

 

そしてみんな

「頼り甲斐のある人」

とか

「引っ張ってくれる人」

とかが好きなんですよ。というよりもとりあえずイケメン。スポーツできてみんなに人気があって、そこそこ頭良ければ最高!みたいな。 

 

今となっては股にち○こ生えてるとか言われたり、実の妹にガチでお兄ちゃんって呼ばれたりする私も、もれなく、そんな女の子でした。早弁を朝課外後にかまし、昼食までに菓子パン、昼食に我慢して唐揚げ串を食べるただのデブは乙女カテゴリに入らないとも知らずに。

 

そんな私にも時間は流れ、ピチピチだった頃好みだった筋肉質な男性とは180度回転したかのような男性を好むようになりました。高くて細くて生きる気力ある?といった感じの。

 

最近は喜ばしいことに、世の中にそんな男性がホクホクと存在しており、私の目と心に宿る恋する乙女の心音は鳴り止みません。やっぱり最近は坂口健太郎くん出まくってていいですよね。幸せそのもの。加瀬亮は割と平均身長っぽいけど、永久欠番です。

 

そして、テレビの世界はもちろんなんですけど、高くて細くて生きる気力ある?みたいな男性が量産されてる界隈があるのをご存知でしょうか?そう、バンドマンです。

CDが売れないと叫ばれ続けている昨今、お金がないのか、栄養価が足りてないだろ?って声をかけたくなるような肉薄の男性が多いので幸せ満開でございます。

 

いや、そんな不純な目で見てない!!断じて!!と言いたいところですが、やっぱり私も女ゆえ、トキめかざるをえないわけであります。

 

 そして昨日もトキめいてきました。ここに来てのライブレポです。 

STAND!!(初回生産限定盤B)(DVD付)

STAND!!(初回生産限定盤B)(DVD付)

 

フジファブリック LIVE TOUR 2017 "STAND!!"

いやーとにかく最and高。

 

こまごまとしたリリースが続いてて、それが最初ピンときてなくって、もうソ〇ーへの移籍イマイチだったんじゃない?とか思ってての今作『STAND!!』だったので。

 

収録曲はもっちろんやってくれたし、大好きな夏の楽曲もしてくれたし、話題の新曲もゴリュンゴリュンやってくれたし、余すところなくフジファブリックを堪能させていただいたわけですけれども、それだけじゃないんですよ。トキメキポイントは!!!

 


フジファブリック 『ポラリス』

 

わかる?皆さんから見て、右手見える、その辺歩いてたらミュージシャンのオーラを一切放ってなさそうな彼。フジファブリックのボーカルギターの総くんこと山内総一郎さんなんですけれども。

 

フジファブリック 山内総一郎 (GUITAR MAGAZINE SPECIAL ARTIST SERIES)

 あ゛ぁぁぁぁああああああああああ!!!!!!!ゆるくパーマなんてあてちゃって!!!国宝!!!

 

www.youtube.com

 

長めの丈のコートやジャケットが似合うのが「最高!!」な彼なんですが。

 

もう昨日ももちろん、言わずもがな、かっこよすぎて目が合ったときになんだか恥ずかしくなって目を逸らしてしまうくらいかっこいい彼なんですが。

 

歌詞飛んじゃってごまかすのも下手くそなのに、そこがかわいくてかっこいい彼なんですが。一つ残念なことがあるんです。一つだけなんですけどね。

 

「グレーのTシャツ着てくれない」

 

長身細身バンドマンに一番似合うファッションはグレーT一択だと思ってます。

なぜかって?

それは

「肌とTシャツの触れる面積が少なすぎて、うっすらにじむ汗の染みが色気はんぱないから」

ですよ。当たり前じゃないですか?洗濯どんだけ回したのってくらい襟ぐりがばがばなやつならなお良し。

 

ツーッっと背骨に沿ってついた汗の染み

楽器のストラップに沿ってついた汗の染み

首まわりについた汗の染み

顎から垂れて胸元に一直線についた汗の染み

 

あぁ、指でなぞりたい。

 

全てがセクシーで斉藤工なんて目じゃないんですよ。

フジファブリックは割とドレスコードでもあるのかな?って思うくらい、ステージ衣装きちんと決めてくることが多いので、最初は諦めてるんですが、アンコールでは!アンコールくらいは!!グレーTを着た総くんを血眼で嘗め回すように見たいんですよね。多分着るのと着ないのとでは女性ホルモンの分泌量が変わってくると思う。

あ、でも何着ててもかっこいいのはかっこいいんですけど、たまにそのセンスどうなのっていう服セレクトしてんのも彼の特性です。 

 

あと総くんにかぎらず、栄養価たりてないひょろっと長いバンドマンは、是非ともグレーTでライブに臨んでほしいんです。それだけで、曲も良く聴こえるかもしれない。

 

f:id:Qris:20170206232338j:image

 

いや~音楽っていいですね!ライブ最高!ホントだって!!!!!

 

 

追記:ひょろ長いイケメンのえぐれた鎖骨にためた日本酒をちびちび舐めたいという夢もあります。